シワは治せる!シワに関する最新シワ対策まとめ

シワができるとテンションが下がります。シワは実年齢以上に見られ、老けた印象を与えます。そこでコチラの記事では、シワを治すための最新シワ対策を紹介してきます。

  1. しわを改善する

「しわを消したい」「しわを治したい」「しわを予防したい」などお肌にできるしわを何とかして改善したいと悩んでいませんか?

シワができるとうのは嫌なものです。特に目元や口周りにできるしわってルックスが実年齢よりも老けて見られるため、とても気になります。あなたもしわがあるなら、しわで困った嫌な思い出があるのではないでしょうか?

・しわがあるから人前にでるのが嫌になった。
・しわを目立たないようにするために化粧はいつも濃いめにしている。
・子どもにおばあちゃん見たいと言われた。
など、しわで不快な気持ちになったことのある人の声はよく聞きます。

なので、しわをなくす方法が分かれば、あなたも嬉しいのではないでしょうか?

こちらの記事ではしわで困っている人におすすめしたいしわを消す方法を紹介しています。あなたが今しわで悩んでいるならこちらで紹介した方法を是非試してみて下さい。

シワには種類がある?まずはシワの種類を学んでみよう。

シワにはいくつかの種類があることを知っていましたか?シワにもさまざまな種類があり、そのシワが作られる原因は人それぞれです。まずはどういったシワがあるのか見ていきましょう。

表情ジワ

表情しわとは目尻・眉間・額・ほうれい線など顔の表情を作るときにでるしわのことを指します。笑ってるときは目尻に小じわができたり、微笑むときにほうれい線がくっきりでますよね。表情を作っているときには気になりませんが、一旦、笑顔をやめて無表情になるときの顔にできるシワが表情ジワです。

表情ジワは年配の方によくなりまるシワの一つですが、若い人も表情ジワはできます。これは乾燥肌の人によく起こる症状で、何らかの影響を受けてコラーゲンやエラスチンなど、肌のハリと弾力を作る成分が減少して、肌にハリと弾力を失っているときは若くても表情ジワができてしまいす。

若いときはコラーゲンやエラスチンが肌にハリと弾力を与えていますが、日頃から乾燥肌を放置しているとコラーゲンとエラスチンが上手く作られず、表情でできたシワを元に戻す力が弱くなっているのです。

乾燥ジワ

乾燥しわは、表情しわと違って肌が乾燥することでできるシワです。

肌が乾燥すると、新陳代謝が低下して肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーも遅くなります。そうなると古い細胞が肌に残るようになり、浅くて細かいしわができます。別名ちりめんじわとも呼ばれ、細かいしわがいくつもできるのが特徴です。

乾燥ジワは言葉からわかるように肌の乾燥が原因でできるシワです。お肌にとっての理想的な水分量はおよそ37~47%と言われています。この水分量よりも少ない場合、乾燥ジワができる確率が高くなります。

乾燥ジワについて更に詳しく知りた方は「コチラ」をご覧ください。

しわ対策に効果的な3つの方法とは?

シワの種類について頭のなかで生理できましたら、次はシワに効果的な方法をしていきましょう。

しわ・小じわには保湿成分配合の美容液を使う

目元にある浅く薄いしわの原因は乾燥が原因です。ちりめんジワと呼ばれる薄いシワであるのですが、実は、幼い子どもでもできるシワの一つです。

空気が乾燥していたり、体調が悪かったりすると小ささシワはできやすくなります。薄く小さいシワなので、多くの人が放置していしまうことが多いシワ。しかしながら、このちりめんジワを放置していると真皮までシワが進行してしまうのも時間の問題設備になりますね。

真皮までシワが届いてしまうと、軽い小じわから深いシワへと変貌して非常に目立つシワへと成長してしまいます。この状態のシワは真皮でシワになっているため、なかなか治りません。

ちりめんジワは保湿が鍵

ちりめんジワは本格的な保湿ケアすることで、解消することができます。セラミド配合の保湿成分がたっぷり入った美容液を角質層にしっかり浸透するように優しく丁寧に塗ることで多くのちりめんジワは解消されます。薄く細かいシワに気がついたらしっかりとした保湿対策をしてきましょう。

肌の新陳代謝を高める保湿マッサージで予防

次に、保湿化粧品の使用と合わせて行ってほしいのが、肌のマッサージです。

シワは角質層が厚くなって固いことが原因でできる可能性もあります。そのため角質層を柔らかくする肌マッサージも必要になります。

保湿化粧品などで肌に十分な保湿成分を浸透させれば、肌の硬質化を改善することができますが、長い間厚く固まった角質層に保湿成分を浸透させるのは非常に難しく高保湿な美容液を塗るだけでは期待する効果は得られにくいのです。

血液の循環がよくなる保湿マッサージをする

凝り固まった角質層を柔らかくするための方法としてオススメしたいのが、マッサージです。

肌をマッサージすることで血液の循環がよくなります。血液の循環がよくなり血行が良くなると、凝り固まった角質層にも保湿成分が行き届きやすくなったり、角質層の硬質化がゆるくすることができます。その結果保湿化粧品の浸透力が上がります。

マッサージが手間と思うなら美顔器を使うのもおすすめ!

マッサージに抵抗がある方やマッサージに時間を掛けることができないなら、美顔器を活用することもおすすめです。

最近の美顔器では超音波や超振動をおこして角質層の奥の真皮細胞までマッサージする効果があります。美顔器を使うことで手軽に角質層を柔らかくしたり真皮細胞を活性化させ、保湿環境を良くすることができるので、こちらもおすすめです。

数年前は大変高価であった美顔器でしたが、最近はお求めやすい価格で手軽に利用できる美顔器もたくさんありますので、こちらの使用を検討してもいいでしょう。

もちろん、マッサージと美顔器の変容もOKです。ただし、長時間かけてマッサージと美顔器をもいることはおすすめしません。マッサージも美顔器も微弱ではありますが、肌への負担はあります。どのコトでもいえますがやり過ぎは逆効果なので気をつけましょう。

コラーゲンを増やす保湿化粧品でしわを本格的に改善する

最後にシワを解消するのにはコラーゲンを増やす保湿化粧品を使うことがおすすめです。

冒頭でご紹介したちりめんジワのような軽いシワなら保湿化粧品を使うだけでシワの解消は期待できますが、真皮まで及んでいる深いシワの対策には保湿化粧品だけでなく、マッサージなどを取り入れる必要があります。

しかし、これは現状回復が目的であり、今後シワを作らなくするためにはもう一手間を加える必要があります。それが、コラーゲンを増やす保湿化粧品を使うことです。

真皮のシワにはアンチエイジング効果のある保湿化粧品を使う

シワが角質層で留まっているのなら、保湿化粧品をキチンと使っていれば治りますが、真皮まで及んでいる場合、真皮を形成しているコラーゲン線維に亀裂や断裂が起こっている状態です。

この状態のシワはコラーゲンが回復しないと保湿力が落ちるとまたシワとして見えてしまいます。しわを完全に解消するためにはコラーゲンの回復が必須です。そのためにはコラーゲンの回復を促すアンチエイジング効果のある保湿化粧品を扱う必要があります。

レチノールやビタミンC誘導体配合の保湿化粧品が良い

アンチエイジング効果のある保湿化粧品では、レチノールやビタミンC誘導体が配合されてるものが特におすすめです。

レチノールとビタミンC誘導体は体内に吸収させるとコラーゲンを作り出す細胞を活性化させ、コラーゲンの回復に役立ちます。

シワ対策の鍵は十分な保湿対策をすることです

いかがでしたでしょうか?お肌にできるシワは十分な保湿対策をしていくことで予防することも解消することもできます。

目尻の小ジワが気になりだしたら、キチンとした保湿対策して、肌に潤いとハリを与えてあげましょう。

ちりめんジワのように角質層で細かくできるシワなら、キチンとした保湿対策とすれば数週間程で回復します。長い間乾燥肌を放置していると真皮層までシワの切れ目が達してしまいます。

この状態のシワは元に戻すためには、半年以上もしくは数年掛かる場合もあり、根気よく保湿対策をしていく必要があります。そうならないためにも日頃から保湿対策はキチンとしておくべきでしょう。

年齢に負けない肌作りは日頃の保湿対策がすべてです。50代になってもシワが目立たないハリのある肌でいるためにも今から正しい保湿対策をするべきです。