お肌のたるみを治そう!最新たるみ解消法まとめ

肌のたるみを治すための保湿対策を紹介してます。特に顔周りのたるみは二重あご・涙袋・たるみ毛穴の原因になります。そんなたるみを自宅でも簡単に治せる方法を紹介しています。

  1. たるみを改善する
コチラの記事では、たるみで悩んでいる人向けの記事です。たるみを解消したい人のためにためになる役立つ情報を紹介しています。

こんにちは♡ペン吉です。空に浮かんでいる雲が全部わた菓子だったら、空を飛べないボクでも飛べる気がする今日このごろです。

さて、今回のお話は、たるみについてです。肌にできるたるみとしては、「毛穴たるみ」「あごたるみ」「目元のクマたるみ」など結構たるみの種類って多いと思いませんか?なので、自分がどんなたるみを持っているかわからないと思います。

そこで、たるみの原因を紹介しながら、たるみを解消する方法を紹介しています。

たるみにも種類がある!気になるたるみの種類をご紹介

顔のたるみや二の腕のたるみ、またお腹のたるみなどお肌のたるみが気になる女性は何とかしたい肌トラブルですよね。

化粧も自分を可愛くするためというよりもアゴにあるたるみを目立たなくさせるためにしている。という理由の人も多いでしょう。

たるみはシワ同様、真皮のコラーゲンやエラスチンが弱くなることが原因でできる肌トラブルです。一度たるんでしまった肌は自然に治ることはまずありえません。ですから、今あなたに求めらていることは正しいスキンケアは何か?ということを知ることです。

たるみの現れ方は体の箇所によっても異なります。たるみの現れ方としては、「2重アゴ」「涙袋」「たるみ毛穴」「ほうれい線」などがあります。これらのたるみができるのにはそれぞれ違う原因があります。

二重あご

二重あごは肥満の方になるたるみと思われがちですが、フェイスライン上にある頬からあごまでの筋肉が顔の脂肪を支えられなくなっている状態です。

顔を支える表情筋が低下している

顔を支えている表情筋は年齢とともに低下してきますが、日頃から表情筋を鍛えていれば、表情筋の低下による二重あごは予防することができます。しかし、日頃から感情を表に出さなかったり、他人と関わることが少ない方などは表情筋を使う機会がすくなく、二重あごを作る原因にもなります。

食べ過ぎや運動不足による肥満が原因

高カロリー高脂肪食材を日頃の食事で多く食べている人は顔につく脂肪の量が増えてきます。あまった脂肪の重みに表情筋が支えられなくなり、二重あごのたるみに繋がります。表情筋は鍛えれば、顔についている脂肪を支えることはできますが、過度の脂肪が顔の周りについてしまうと筋力だけでは支えられなくなります。

また体質により、お腹周りよりも顔に脂肪が多く付く方もいらっしゃいますので、肥満体型ではない人も顔に脂肪が多くついている場合があります。

涙袋

涙袋は、眼球周りの脂肪を支えられなくなり、下まぶたの皮膚がぷくっと膨らんでいるようにみえるたるみです。

目の周りある皮膚自体もともと薄いため、脂肪を支える表情筋の量も少なく、体の不調などで涙袋ができることがあります。

涙袋は乾燥肌の現れ

涙袋は肌が乾燥しているとよくできます。目元は薄い皮膚になっているため、肌が乾燥するとはその影響を非常に強く受けます。肌が乾燥すると肌の弾力とハリを作るコラーゲンやエラスチンが破壊され、目元に涙袋のたるみができやすくなります。

比較的現れやすいたるみの一つなので、涙袋を見つけたら保湿対策をキチンとするべきでしょう。

たるみ毛穴

たるみ毛穴はたるみの初期に見られるたるみで、毛穴を引き締めてたコラーゲンやエラスチンなどが少なくなり、毛穴を引き締める機能が低下している場合に起こります。

毛穴が開いている状態なので、汚れや毛穴に残りやすく全体的に暗い印象になるのが特徴です。

コラーゲンの減少は乾燥が原因

コラーゲンやエラスチンの減少は肌が乾燥していることが原因の一つです。肌が乾燥するとコラーゲン線維やエラスチン線維が掴んでいた水分が減少し、線維が破壊されやすくなります。そうなると肌を支えていた線維がユルユルになってしまい、毛穴を引き締めいた線維も弱くなります。肌が乾燥している時期は毛穴も開いてしまいますので早めの保湿対策が必要です。

ここは押さえておきたい!たるみの予防方法とは?

では実際にたるみを予防するためにはどのような方法があるのでしょうか?

たるみの予防は肌の保湿を第一に考える

二重あご・涙袋・毛穴たるみなどたるみの原因の根源は乾燥によるコラーゲン線維が弱体化してしまうことが主な原因の一つです。

コラーゲンは肌の保湿がしっかりされている状態では新しいコラーゲンを作り出し、ハリと弾力を作り出します。しかし、乾燥などで肌に十分な保湿がされていないとコラーゲンは徐々にその役割を弱めてしまいます。

このようにコラーゲンの働きが十分発揮できない状態が続くとたるみを作る原因になるため、保湿対策は欠かせません。

保湿化粧品はコラーゲンに作用されるものを選ぶ

たるみはコラーゲンが弱まっているため、コラーゲンに働きかける保湿化粧品を使うことがおすすめです。

成分としては、コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノールなどコラーゲンの生成に働きかける成分が配合されているものがおすすめです。

コラーゲンを作りやすい環境を作るためにマッサージを取り入れる

コラーゲンは線維芽細胞、骨芽細胞、軟骨芽細胞、象牙芽細胞などから作られます。ビタミンCやレチノールなどはこらの細胞に働きかけコラーゲンの生成を促します。このコラーゲンの生成をより強める方法として、マッサージは有効です。

マッサージは血流を良くし、コラーゲン生成に必要な栄養素を線維芽細胞などに届けます。またマッサージをすることで、リンパの流れも改善できるため、むくみの解消ににも繋がります。さらに血流が良くなることで、脂肪の定着を抑制する働きも期待できるため、たるみ解消にはマッサージを取り入れることはとてもオススメなのです。

日々の食事からたるみを解消する

たるみは年々できる確率はあがります。そのため、たるみができないように日頃からたるみ対策をしていく必要があります。しかし、忙しい毎日でたるみの対策まで考えられないという方は毎日の食事の時間だけたるみ対策していくこともおすすめです。

咀嚼の回数を増やすことがたるみの解消に繋がる

たるみを予防するためには表情筋と呼ばれる顔まりの筋肉が強くするとたるみの予防に繋がります。そんな顔の筋肉を鍛える最も効果的な方法が毎日の食事で咀嚼回数を増やすことがとても有効的な方法なのです。

噛む回数が増えると、顔全体の筋肉が鍛えられ、特に頬からあごにかけての筋肉が非常に鍛えられます。また咀嚼回数が増えると食材が細かく噛み砕かれ、消化しやすい状態になります。

たるみを防止するためには、コラーゲンの生成を促すタンパク質やビタミンなどをたくさん吸収する必要があります。咀嚼回数が多くなれば、より効果的に栄養素を吸収できるので一石二鳥です。

抗酸化作用の高いビタミンA・C・Eは積極的に摂取する

食べる食材としては抗酸化作用の高いビタミンA・C・Eを含む食材を多く摂るのがおすすめです。抗酸化作用の食材をとる理由としてはコラーゲンをつくる線維芽細胞などは老化の影響を受けやすいため、老化を防止する抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eは摂取しましょう。

たるみ対策は早期の予防対策が重要

たるみは一度できると解消するのに非常に時間が掛かります。なので、たるみができる前から予防対策をしていきましょう。

たるみを解消するためには保湿対策は必須です。肌の保湿が十分に保たれていないと、肌のハリを作るコラーゲンに影響を与え、たるみができる原因になります。肌の保湿はたるみいがにもシワや乾燥肌の対策にも役立ちますので日頃から保湿の意識は持つべきです。

顔のたるみは太っている印象を与え、女性にとってはとても気になる悩みだと思います。たるみを作らないためにたるみ予防対策はしていきましょう。