ストレスが乾燥肌を作る原因?ストレスをなくして乾燥肌を解消しよう

ストラスを強く受けると肌がカサカサして痒みを伴う。そう感じているなら、ストレスが原因で肌が乾燥しているのかもしれません。どうしたストレスが肌を乾燥させるのか?ストラスを解消する方法について紹介しています。

ストレスが肌を乾燥させる
  1. ストレスが乾燥肌を作る原因?ストレスをなくして乾燥肌を解消しよう

職場の人癌関係・出産・妊娠・離婚・嫁姑問題など、私たちがストレスを感じる機会はたくさんあると思います。社会生活とストレスはけして着れないものですが、このストレスが肌を乾燥させる原因になっていることをご存知でしょうか?

ストレスと乾燥肌の関係を紹介しながら、ストレスを解消する方法を紹介していきます。

ストレスが乾燥肌を作る?

ストレス

ストレスを抱えることで乾燥するのはどうしてでしょうか?ストレスと肌の乾燥の仕組みについて紹介していきます。

活性酸素が細胞を攻撃する

ストレスを受けると体内に活性酸素が発生します。この活性酸素は細胞に傷をつけ細胞を老化せさる作用があるのです。傷ついた細胞は免疫自体が低下するため、皮膚の表面や毛穴にアクネ菌が増殖しやすくなり、炎症が起こったり、ニキビができたりと皮膚の異常がみられるようになります。このような状態の肌ではバリア機能が正常に働かないため肌に蓄えられていた水分が流出して肌が乾燥しやい状態になっています。

ホルモンバランスが崩れる

ストレスの影響はホルモンバランスに大きく影響を与えます。特に女性はホルモンバランスの影響を非常に受けやすく、ホルモンバランスの乱れから自律神経に影響を受け、イライラや生理痛を強く感じたりします。高レの方は更年期障害を悪化させることにも繋がり、さらにイライラする状況になりやすいのです。ホルモンバランスの乱れはターンオーバーを乱し保湿成分を十分に作り出すことができず、肌が乾燥しやすくなります。

肌の痒みを感じるようになる

ストラスの影響はお肌に強く影響します。活性酸素やホルモンバランスの乱れからお肌はボロボロになり、乾燥しやすい状態になります。そのため、皮膚のバリア機能が著しく低下することから外部からの刺激をモロにうけるような形になるため、痒みやときに痛みを感じるようになります。

ストレスが直接的な原因ではない場合がありますが、ストレスを強く受けている状態が長く続いていると、神経が過敏になっていることがあります。そのため、ちょっとした炎症でも強い痒みを伴うことがあるのです。また、肌が乾燥しやすい状態になっていることが多いので、ヒドいときは湿疹になることも多いのです。

乾燥肌対策!ストレスを軽減する5つの方法

ストレスが原因で肌の乾燥や肌トラブルが起こることがわかったと思います。ストレスは肌を乾燥させ、炎症や痒みを引き起こす問題点であるとご理解いただけたと思います。次は、トラブルの原因となるストレスを鶏眼する簡単にできる方法について紹介して行きたいと思います。

血流を良くするストレッチ

ストレッチ

ストレッチは体のコリ解す効果があります。また、ストレッチをすることで体の体温が上昇するのです。体温はストレスと非常に深い関わりがあり、ストレスを過剰に受けていると基礎体温は低下することは長年の研究で明らかになっています。つまり、体温が低下しているとストレスの影響が強く受けるということがわかります。

またストレッチの良いところは自宅で簡単にできることです。特別な道具もいりません。屈伸運動や前屈、背筋を伸ばすストレッチなどもとても有効です。その中で特におすすめしたいのが、太ももの裏を伸ばすストレッチ・骨盤付近を伸ばすストレッチ・肩から肩甲骨を伸ばすストレッチが非常に効果的です。

気分をリフレッシュする適度な運動

適度な運動

ストレッチをしたら、さらに効果を発揮するために適度な運動を取り入れるとストレスを軽減することに繋がります。ただしこれはストレッチをした後に時間と余裕があるときにだけしてください。

基本的に運動をするよりもストレッチを取り入れた方がストレス解消には効果的です。運動するはどうしてストラス解消に繋がるかというと、やはり体温上昇が大きな理由の一つです。

運動をすると基礎代謝があがり、基礎体温も上昇します。ストレスは体を冷やす作用があるので、体温を上げる運動はとても効果的です。このときに意識してほしいのが、脹脛や足首の筋肉を強く意識すると効果的です。

足は第二の心臓ともよばれ、下がった血流を心臓に送り出すポンプのような働きをしています。このときに注目するのが脹脛の筋肉と足首の筋肉です。これらの筋肉は血液を送り出す力が強く、血流の改善にとても役立ちます。そのため、この2個所意識して軽いジョギングやウォーキングをするととても効果的です。

栄養バランスのとれた食事

バランスの取れた食事

バランスの取れた食事はストラス解消にとても効果的です。積極的に食事から撮りたい栄養素としては、ビタミンB群・ビタミンCなどは積極的に取り入れたい栄養素です。

ビタミンB群はブドウ糖を分解してエネルギーに変換するときに役立つ栄養素ですが、不足すると頭がボートするような感覚に襲われ、気力がわかない状態が続きます。ストレスを受けている状態でビタミンB群が不足するとポジティブな考えができなくなり、精神的にさらに不安定になりやすいのです。また集中力も低下するため、作業効率がおちて、イライラする事も多くなります。

ビタミンCは、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンを促す作用があります。ストレスを受けると副腎から副腎皮質ホルモンが分泌され、ストレスから受ける様々な障害に対する耐性機能を発揮します。この副腎皮質ホルモンを分泌にはビタミンCが必要不可欠なのです。

しかし、ビタミンCは他の栄養素と違い予め体内に貯めておくことができないビタミンのため毎日の食事の中から積極的に取り入れる必要があるのです。

気分を落ち着かせるアロマ

気分が落ち着くアロマ

ストレスを受けている状態は自律神経が過敏になっている状態であり、交感神経が優位になっている状態なので、心理的状態を表すと興奮している状態に近いです。スポーツをしてり、プレゼンなどの人前で発表する際は多少の興奮状態は良いパフォーマンスに繋がりますが、常に興奮状態が続いていると脳が休まることができません。興奮している状態ですと睡眠の質も低下しており、ストレスを解消することができません。そこでおすすめしたいのが、アロマをつかったストレス解消法です。

アロマは爽やかな香りが鼻の鼻腔を通り、脳に直接作用します。とくにミント系の爽やかなアロマは興奮している脳をリセットするのに向いており、脳をリラックスさせる効果を見込めます。

アロマも自宅で簡単に取り入れることができるため、ストレスを強く受けていると感じているなら積極的に使ってみると良いです。

ストレスを消化する質の良い睡眠

質の高い睡眠がストレスを解消する

睡眠はストレスを解消する良い方法です。睡眠は体に溜まった疲労物質を分解除去したり、乱れた自律神経を整え、正常なホルモンバランスを整えることができます。また、脳が休める状態をつくることはストレス耐性を整えるのにも非常に有効です。

脳は日中に約6万回思考する言われており、ぼーっと何も考えていない状態でも思考を繰り返しています。このように脳は日中は休まず常に働いているため、ストレスを強く受けていると負担が非常に大きくなります。睡眠中、特にレム睡眠と呼ばれる深い睡眠中では、脳は思考を停止してリセットすることができます。

質の高い睡眠をすることで、疲労物質だけでなく、脳もしっかり休ませることでストレスへの耐性も強くなります。

ストレスを上手に解消すれば、肌の乾燥は解消できる

いかがでしたか?日頃から受けているストレスですが、ストレスが肌に大きな影響を与えているのがご理解いただけたと思います。

ストレス対策は何も行わないことは極寒の地に防寒せずに突き進むようなものです。ストレスと上手に付き合うことで肌の調子を整え、また精神的にも安定した生活をおくることが出来るのです。高保湿な化粧品を使っているのに肌の保湿が改善できていないと人はストレスが原因で肌が乾燥しているのかもしれません 。

こちらで紹介してストレス解消法を上手く活用してストレスが原因の乾燥肌の問題を改善してみましょう。