保湿の悩み解決します!あなたの保湿ケアは間違っている?

肌の乾燥は正しい保湿対策をすれば治る!

・肌が乾燥する〜
・肌にシワができた〜
・肌のたるみが気になる
など、あなたのお肌は乾燥していますか?

お肌は年齢を重ねていくほど、徐々に乾燥しやすくなります。これは加齢によって肌の保湿力や保水力が低下してくるためです。10代の頃は基礎化粧品をまったく使わなくても、ハリと艶が肌にあったと思います。しかし、最近は基礎化粧品を忘れるとすぐに肌がカサカサになってしまうことも。ヒドイときにはかゆみ湿疹になってしまう人もいると思います。こうした肌の乾燥は放置しておくと、肌の劣化を招くことになり、後々、とても後悔することになります。

毎日欠かさずスキンケアをしているけど、十分な保湿を実感できていないなら、保湿対策をもう一度見直す必要があると思います。保湿対策LABでは、肌の保湿を改善するための方法をいろいろな視点から研究しています。 こちらで紹介している保湿方法が皆さんのお困りごとを解消する助けになったらとても嬉しいです。

皆さん、こんにちは!保湿対策LABで保湿の研究をしています。ニャンコ先生です。肌の保湿で困ったり、悩んだりしている人に肌トラブルを解決する保湿の研究をしています。役立つ保湿情報をどんどん発信していきますので、ぜひ役立ててくださいね。
皆さんこんにちは、保湿対策LABで保湿の勉強をしている『しずく』と言います。保湿について勉強したくて、この保湿対策LABで保湿の勉強をしています。皆さんも私と一緒に保湿について勉強していきましょうね。
こんにちは!ニャンコ先生の助手をしているフンボルトペンギンのペン吉です。いつか皇帝ペンギンのようなカッコイイペンギンになるために、保湿対策LABで勉強中です。ちなみに冷え性なので、寒さには弱いです。笑

こちらの記事もよく読まれています

本当におすすめできる保湿化粧品

基礎化粧品は保湿の基本です。お肌をしっかりと保湿するためには基礎化粧品を正しく選択するのがとても重要です。こちらでは、保湿対策LABがおすすめする高保湿高品質基礎化粧品を紹介します。

基礎化粧品ってどんなものを選ぶべきなのかな?
どの基礎化粧品もそれぞれ強みがあるから選ぶのが大変なんだよね。
基礎化粧品選びのコツは恋愛と同じ。自分の肌で相性を確かめて最適(最愛)の化粧品(恋人)を見つけましょう。

アヤナス

アヤナストライアルセット

アヤナスを販売しているディセンシアは化粧品大手のポーラを親会社とする保湿化粧品専門メーカーです。創業から保湿化粧品に力を入れ、常に保湿効果の高い基礎化粧品を開発し続けています。

アヤナスがオススな理由

・ストレスにより低下した皮膚温度を上昇させ、血行不良を解消する「ジンセンX」
・肌のバリア機能を正常にする「パルマリン」
・エイジングケアで重要な線維芽細胞を増加させる「ビルベリー葉エキス」
・敏感肌でも使える「トリプルリペアシステム」
・コラーゲンの生産性を上げる「CVアルギネート」
・炎症を抑える「コウキエキス」
・バリア機能を強化する「ヴァイタサイクルヴェール」

など肌が健やかになるための成分が豊富に含まれています。基礎化粧品を変えてみたいと思うなら一度試してる価値がある基礎化粧品です。

トライアルキットでお得に試せますし、30日間の返金保証があるので、安心して試すことができます。

アスタリフト

アスタリフト

アスタリフトがおすすめな理由

☆肌にハリとツヤを出す赤いチカラであるアスタキサンチンが肌の奥まで浸透してみずみずしい肌へと導きます。
☆3種類のコラーゲンが肌に浸透。富士フイルムが80年に渡って培ってきた技術によって生まれた驚愕の浸透力。コラーゲンは肌に吸収されないという常識を打ち破る新技術がここにあります。
☆Wヒト型ナノセラミド配合で肌の奥底までセラミド成分を浸透させ、肌に潤うために必要な水分を十分に留めることができるようになりました。

ビーグレン(乾燥・保湿ケア)

ビーグレン

ビーグレンがおすすめな理由

☆セラミドを増やす高品質なビタミンC誘導体を配合。セラミドを作り出す細胞を活性化し、自身のセラミド生成量を増加させます。
☆独自技術によるQuSome(キューソーム)がビーグレンの保湿成分を肌の奥底まで浸透させることに成功しています。また浸透した保湿成分が長時間キープできる持続力も注目。肌が潤っている状態を長くキープすることできます。
☆365日間の長期返品保証付き。肌の乾燥改善に自信あり。万が一効果がない場合は返品も可能。

肌質の違いで保湿対策は変わってくる!肌質の違いで選ぶ基礎化粧品とは?

肌体質は生まれ持ったものであり、一人ひとり違っています。そのため、同じ基礎化粧品を使っていても、効果に差が出たりします。これは肌が求めている成分が異なっているからです。

肌って乾燥してたり、逆にテカテカになっていたり、いろんな肌体質があるのよね。
肌質は生まれ持ったものだから変えようがないのかな?
肌質は生まれ持ったものです。しかし、規則正しい食生活と生活習慣を日頃から送ることで肌質を改善することはできます。

普通肌

皮脂量が適量で水分も多い肌体質。脂っぽさもなくしっとりしている理想的な肌状態。皮脂は天然の保湿クリームです。皮脂が十分に肌に行き渡っている状態ですと乾燥から肌を守るバリア機能がしっかり働くため、肌の水分量を保つことができます。

品質の高い基礎化粧品を選ぶ

普通肌の人は特に基礎化粧品選びで注意する点はありません。今の状態が理想的な肌質なので今の状態をキープできるように毎日のスキンケアを持続していくといいです。あえて上げるとすれば、品質の高い基礎化粧品を選ぶようにする事。プチプラなどの1000円以下のコスパの良いとされる基礎化粧品がありますが、品質が悪いものを使っているといつか保湿効果を実感できなくなる日が来ます。今の肌状態をキープできるように、高品質な基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

乾燥肌

皮脂量、水分量ともに少ない状態の肌。肌質としてはカサカサしたいる状態が多い。肌の表面のうるおいがなく、柔軟性がないため、肌のバリア機能が低下しているお肌です。お肌内部の水分量が少ないのに、皮脂の量も少ないので、肌はカサカサになっている状態です。

しっとり系のセラミド配合の基礎化粧品がおすすめ

乾燥肌は外の乾燥に対してほとんど無防備な状態でいます。例えるなら真夏の炎天下の中、日傘も日焼け止めクリームも全く塗らずに紫外線を浴びている状態と同じくらい肌に深刻なダメージを受けやすくなっています。そのため、基礎化粧品も保湿成分が豊富であり、しっとり系の基礎化粧品がおすすめです。テクスチャーはしっとり系の方が持続力がいいものが多いので、つけた感じがしっとりするものを選びましょう。

オイリー肌(脂性肌)

皮脂の量が非常に多く、肌全体がテカテカに光っている状態。過剰な皮脂が毛穴を詰まらせ、肌のキメが荒くなっている。肌の水分量は比較的多い。見た目の特徴としては、テカリが目立ちやすく、肌の質感がベトベトしている状態。化粧のノリはよくありません。

さっぱり系の化粧水がおすすめ

オイリー肌は、皮脂の分泌が過剰になっているため、毛穴に皮脂の汚れが詰まりやすく、肌トラブルを引き起こす原因になっています。なので、基礎化粧品はさっぱり系の化粧水をベースに選ぶといいでしょう。テクスチャーなどのしっとり系は肌との相性がよくないため、あまりおすすめしません。油分が控えめである軽いタイプの乳液でしっかり水分を蒸発するのを防ぐように基礎化粧品を扱うと吉です。

インナードライ肌

オイリー肌(脂性肌)と肌体質が似ていますが、オイリー肌と違い、皮脂があるにも関わらず、肌の内側が乾燥している状態です。もともと乾燥している肌を守るために皮脂量が多くなっていますが、肌の乾燥自体が改善してないため、放っておくと敏感肌になりやすく、肌の劣化が急激に進む。

低刺激なセラミド配合の基礎化粧品がおすすめ

インナードライ肌は皮脂で隠れてわかりづらいですが、肌の状態が良くないことが多く、基礎化粧品も刺激の少ないセラミドを配合した基礎化粧品がおすすめです。最近ではセラミドをナノサイズまで小さく分子化している基礎化粧品も多く販売されており、分子が小さいため肌へ負担なくセラミドを浸透させることができるためおすすめです。

混合肌

乾燥している個所と脂っぽくなっている個所が混在する少々ややこしい肌体質です。主にTゾーンとUゾーンに違いが現れやすいと言われてます。混合肌は日頃の生活習慣の影響を強く受けるため、寝不足や生理前などの自律神経やホルモンバランスが崩れやすい時期にとくに影響を受ける傾向があります。

ヒアルロン酸やセラミドを含む化粧品を選ぶ

乾燥肌と基礎化粧品選びのポイントは似ています。混合肌への対策方法は肌を乾燥させないこと。肌の部分部分で乾燥しているところと皮脂が多いところにわかれているので、どちらを優先するべきか迷うところですが、基本的には、肌を乾燥させない工夫が先決です。ヒアルロン酸やセラミドを配合した美容液や乳液を使ってしっかりと保湿していきましょう。また、TゾーンやUゾーンは皮脂が多くなりやすい部分は量を調整して全体のバランスを見ながら保湿ケアをしていくと良いでしょう。

保湿対策は年代によって変えるのが常識!

肌は生まれたばかりの赤ちゃんが1番肌が潤っています。そこから徐々に肌の水分量は下降していき、20代を過ぎた辺りから急激に肌が乾燥し始めます。保湿ケアを全くしてない状態ですと、30代の頃にはカサカサ肌になっている確率は非常に高いです。また、加齢によって肌が求める保湿成分は違ってきます。20代の頃のスキンケアが30代、40代で効果を感じられなくなるのは加齢よる肌質の変化が影響しています。

他にもシワやたるみなども年代によって効果ある保湿ケアは異なります。特に女性の場合、妊娠出産を経験することでこれまでの肌質とガラリと変わることがあります。保湿対策や基礎化粧品選びは、それぞれの年代や肌の状態で細かく調整していく必要があることを知っておきましょう。

肌って20代と30代では全然違うよね。だから、その世代に合わせた保湿対策や保湿ケアが必要になりそう。
ボクも昔使っていた基礎化粧品で保湿効果が実感できなくなってきたような気がする。そろそろ新しい基礎化粧品に変えた方がいいのかな?
年代が上がれば、肌質は変わってきます。その年代にあった保湿対策や基礎化粧品を選ぶようにすることが大切なんだ。

年代別にオススメする保湿方法を紹介

こちらでは年代別におすすめする保湿対策を紹介しています。自分の年代に当てはまるところの記事を読むことができるので、気になる年代の保湿対策をクリックしてください。

ココが知りたいQ&A

肌はどうして乾燥するのか?

肌が乾燥するのは、肌の水分を保持する機能が低下するためです。日本では冬場に空気が乾燥することで肌の乾燥が進みます。そのため、肌のひび割れやアカギレなど肌トラブルが多く起こります。これらは肌の水分を保持する機能が低下していることが原因の一つと考えられます。

肌の乾燥は治るの?

肌の乾燥を治す方法は個人個人で異なりますが、正しい保湿対策を日頃から実施していれば、大抵の場合、乾燥の改善は可能です。ただし、肌を保湿し、乾燥肌を改善するには、これをすれば一瞬で治るというものはなく、長期的な保湿対策をしていく必要があります。よく冬の空気が乾燥する時期だけ保湿対策をしている人がいますが、保湿対策は年中を通してしていく必要があります。

保湿化粧品はどんなものを使用すればいいの?

保湿化粧品はドラックストアや通販サイトでさまざまなものが販売されています。価格の幅も非常に大きく、安いものあれば、非常に高価なものも販売されています。

肌の乾燥具合や年齢によっておすすめな保湿化粧品は変わってきますが、セラミドが配合されてる保湿化粧品を選ぶのがいいでしょう。

セラミドは水分を保持する力が非常に強く、また人体にもともとある成分なので肌にも優しくおすすめです。保湿化粧品で迷ったら、セラミド配合ものを選びましょう。

保湿は体の中から対策していく?お肌を本当に保湿するなら食生活の改善が必須!

保湿対策は、効果のある保湿化粧品を使い、年代にあったスキンケアをしていくことがとても大切です。しかし、これとは別にもう一つ重要な要素があります。それが保湿を助ける食事を日頃から心掛けることです。

もしあなたが日頃から保湿に気をつけていて、保湿化粧品を使い、保湿を助けるスキンケアをしていても乾燥・しわ・たるみがなかなか改善できていないなら、あなたの食生活に問題があるのかもしれません。

保湿って保湿化粧品や毎日のスキンケアだけじゃ駄目なの?
肌の保湿問題を本当の意味で改善するためには、外側(基礎化粧品)と内側(食生活)の両方からアプローチする必要があるんだよ。

毎日の食事で摂取したい食べ物・栄養素とは?

お肌にハリと潤いを与えるためには、日々の食生活が大切。基礎化粧品を良いものに変えただけでは、肌の乾燥を治す事になりません。では、どのような食生活を送ればよかってのでしょうか?

基本は和食中心の食生活が理想

食生活のベースは和食を中心とすることがおすすめです。最近では欧米スタイルの食生活を送っている方が増えてきましたが、欧米の食事では余分なカロリーや脂質の多い献立になりやすく、肌がオイリー肌っぽくなりやすいです。また、和食では肌の保湿に良いとさせる食材が簡単に摂取することができ、またカロリーも脂質も控えめです。正直、世界中を探しても和食のようにヘルシーで肌を潤う栄養素が豊富に含まれている食生活はないでしょう。食生活の基本は和食を中心に考えると良いです。

まずはこちらの記事に保湿におすすめする食材を紹介しています。保湿におすすな食材や食事方法について詳しく紹介していますので、まずはこちらからお読みください。