オフィスは乾燥しやすい!乾燥しないオフィスでの過ごし方のコツ

  1. オフィスは乾燥しやすい!乾燥しないオフィスでの過ごし方のコツ

オフィス勤務でフルタイムで働いている人は肌が
とっても乾燥している可能性があります。

室内だから大丈夫!
なんて軽い気持ちでいると
お肌はみるみるうちに乾燥してしまうことにも。

室内だからこそ、
気をつけないといけないポイントがあるのです。

今回は、長時間オフィス勤務している人が
気をつけておくべきポイントを
ご紹介します。

乾燥しないオフィスの過ごし方のコツ6選

オフィスは乾燥しやすい環境です。
しかし、共同で使うスペースであるため、
オフィス自体を乾燥しない空間に変えることは難しいでしょう。

そんなオフィスでの過ごし方で
乾燥しにくい乾燥作りに役立つコツを紹介します。

空気の入れ替えをする

オフィスでは、常時エアコンがつけられているため、
基本的に室内は密室になっていることが多いと思います。

密室の空間では空気が淀みやすく、
またオフィスのエアガンには温度を調節する機能が
あったとしても、
湿度調整の機能がついてるものは少ないと思います。

密室空間でエアコンを常時つけていると、
オフィスの湿度は徐々に低下して、
肌が乾燥しやすい状態になりやすいのです。

そのため、空気の入れ替えは非常に重要です。

オフィスの換気は他の人に迷惑がかかるかもしないので、
なかなかやりづらいものですが、
数センチ窓を開けて、5分〜10分程度換気するだけで、
空気の循環はできます。

空気入れ替えることで、
風邪の予防にもなりますので、
できるだか換気をするようにしましょう。

加湿器の水は毎日取り替える

オフィスはとても乾燥しやすいので、
加湿器は必需品です。

オフィスの環境にもよりますが、
加湿器が設置できるオフィスであるならば、
積極的に加湿器は使うべきです。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。
それが、加湿器に装着されている水を
毎日入れ替える必要があるのです。

最近の加湿器は非常に効率的に
室内を加湿してくれるので、
一度の水をセットすると、
1週間程持つタイプもあります。

なので、非常に多いのは、
水を入れるタンクを満タンに入れて、
タンクに入れた水がなくなったら、
水を差し替えるというパターンがとても多いです。

皆さんも、タンクの水をたっぷり入れていると思います。
しかし、水道からタンクに入れた瞬間に外の空気に触れて、
どんどん劣化していきます。

蛇口から出た水は、
基本的に一日経ったら雑菌だらけになっていると
考えた方がいいでしょう。

なので、加湿器のタンクの水は
一日で使い切る量を入れるようにしましょう。

綺麗な水で加湿すると
空気も程よく綺麗に加湿できますので、
肌にはいいです。

毎日変えるのはめんどうではありますが、
肌の乾燥のことを考えると
小まめに変えるように心掛けるが好ましいでしょう。

1時間に一度は立ち上がる

オフィスワークでよくあるのが、
一日中座りっぱなしの生活が続くことです。

とくに仕事柄、外出の少ない事務作業や
パソコンを使った仕事の方は、
椅子から立ち上がることが極端に少ない人も
多いと思います。

人間の体は心臓のポンプをつくって、
血液を体中に送り届けています。

血液には、人間が活動するために必要な
酸素や栄養などがたくさん含まれており、
血流がよいということはとても大切なことなのです。

しかし、一日中座り続けていると、
血液の循環がわるくなってしまいます。

この原因が、オフィスワークの過ごし方にかかわってくるのです。

心臓から送られる血流は、基本的に全身に送るためのもので、
送り出した血液を心臓に戻す血流は心臓のポンプ機能だけでは、
弱いのです。

特に足先に送らた血液は心臓に戻りにくく、
オフィスワークを一日続けている人は、
足が非常にむくみやすくなっています。

これを防ぐためには、
1時間程度の間隔で立ち上げることが重要なのです。

足の筋肉を動かすことで、
足に溜まった血液が押し出され、
心臓に戻すポンプの役割を担っています。

できれば、軽いジョギングをするとさらにいいですが、
仕事中には難しいと思うので、椅子からお尻を話すことは意識してみるといいです。

マスクは着用する

マスクの着用は、
唇の乾燥を防ぐ効果があります。

唇は乾燥しやすく、とくにオフィスのような空気が乾燥しやすいところでは、
マスクを着用すると効果が高いのでおすすめです。

リップクリームを塗ることもよいですが、
唇自体を乾燥させないようにするのは最も効果的です。

また、マスクは体調管理にもとても効果的です。

乾いた空気で息をすると、
喉の奥にある粘液にひっつきやすくなり
風邪をひく原因になります。

マスクをすることで、
空気中に漂う雑菌をほぼカットすることができるので、
体調管理が気になる人にはとても効果的です。

風邪や体調が悪くなると
肌の調子も悪くなります。

人間は風邪を引くと
粘液の分泌がわるくなり、
肌が乾燥しやすい状態になりやすく、
また、基礎代謝も落ちるため、
肌のターンオーバーも乱れやすくなります。

そうならないためにも、日頃からマスクをして、
乾いた空気を直接吸わないように心掛けることは
とても重陽なことです。

最近は色の付いたマスクもたくさん発売されていますが、
できるだけ、白色のマスクの方がおすすめです。

これは、マスクの汚れがよく見えるためです。
その日の空気の汚れ具合やつけている人の体調にもよりますが、
半日も付けているとマスクに汚れが気になることがあります。

マスクに汚れが付いていいると感じているなら、
取り替える方がいいでしょう。

黒色のマスクなどもありますが、
汚れが目立ちにくいため、
マクスが汚染せれているのに気が付きにくいので、
黒色のマスクなどはおすすめできません。

マスクは常に綺麗な状態が保ているように
小まめに変えた方が良いのです。

朝、昼、夕方にうがいをする

あなたは、うがいを一日何回していますか?
自宅に帰ったときに手洗いうがいをする人はいますが、
オフィスで定期的にうがいをしている人は多くはないと思います。

オフィスの空気は常に汚れていると思ったほう良いので、
数時間でもオフィスの中に居るのであれば、
小まめにうがいをするように習慣づけるといいでしょう。

おすすめなタイミングとしては、

  • 出勤したときの朝
  • 昼食前の昼
  • 夕方ごろの4時から6時の間
などの3回ほどするのがおすすめです。

とくに、昼食前の昼はおすすめです。

空腹前は口の中が唾液の量がすくなく、
口の中が乾燥しがちです。

このタイミングで一度うがいをして
口の中の雑菌を洗い流すことで、
口の中が綺麗な状態でお昼ごはんを食べれるようになります。

うがいにはうがい薬ですれば、されに効果が高まりますが、
水道水でうがいをするだけでも効果はありますので、
ぜひ、実施してみるといいでしょう。

口の中に雑菌が繁殖すると
喉を痛める原因になりますし、
体調がわるくなると肌の調子もわるくなります。

一手間を惜しむだけで、
のちのちにくるデメリットはとても大きいので、
ぜひ、うがいを小まめにすることを心掛けましょう。

白湯を飲む

白湯を飲むことは、
乾燥対策にとても効果的です。

空気が乾燥するオフィス内では、
肌は常に水分を奪われる状態にあります。

失った水分を補うためには、
基礎化粧品などで外から補うか、
体の中の水分循環を円滑にしておく必要があります。

仕事中に基礎化粧品を塗り直すのはなかなか難しいとおもいますので、
水分を十分にとって、乾燥肌対策をしておく必要があります。

しかし、ここで注意しなければならないことは、
飲む水分の温度です。

乾いたオフィスにいると冷たい水を飲みたくなりますが、
冷たい水は胃腸の働きを低下させる原因です。

胃腸は食べ物から栄養を取り込む働きの他に
体温をつくる暖房の働きがあります。

胃腸が活性化している状態だと、
基礎代謝も良くなり、肌の調子もよくなります。

逆に胃腸の調子が悪いと肌が荒れる原因になるだけでなく、
食欲不振になるリスクも秘めています。

食欲不振は肌によくありません。
胃腸の働きが低下するような水分のとり方は
気をつけた方がいいでしょう。

おすすめな飲み物としては、
白湯がおすすめです。

とくにミネラルウォーターを温かくしたものがおすすめです。

白湯は胃腸にやさしく、
またミネラルウォーターに含まれるミネラルが
胃腸の粘膜を強くしてくれます。

また、温かい飲み物はゆっくり飲むことができるので、
これも胃腸には優しい飲み方です。

冷たい飲み物は勢い良く飲んでしまいがちですが、
気が付かないだけで、胃腸に多大な負荷がかかっています。

なるべく、胃腸に優しい飲み方を心掛けることで、
失った水分をスムーズに取り戻すことができます。

オフィスの過ごし方を変えれば、乾燥肌は治る!

今の仕事になってから、
肌の調子がイマイチ。

このような肌トラブルを抱えている人は、
オフィスでの過ごし方を変えてみるといいでしょうね。

男性でも女性でも、
オフィスの過ごし方はとても重要です。

これからも同じ職場で働き続けるのであれば、
オフィスの過ごし方について、
考え直すように心掛けた方がいいでしょう。

ちょっとしたことを意識するだけで、
乾燥肌が改善することはよくあります。

今、オフィスにいると肌が乾燥するなあ、
と感じているのであれば、今回紹介した方法を是非試してみてはいかがでしょうか?