生理前と生理中に乾燥して肌荒れを起こすのはなぜ?原因と対策をご紹介!

生理前と生理中に女性の肌が乾燥したり、肌が荒れたりするのはなぜでしょうか?そこには女性ホルモンと肌との関係性に大きな原因があったのです。生理になっても健康的な肌を保つための方法を紹介しています。

生理で肌の調子が崩れる理由とは?
  1. 生理前と生理中に乾燥して肌荒れを起こすのはなぜ?原因と対策をご紹介!

生理前と生理中に肌が荒れたり、肌が乾燥することったよくあることですが、どうして生理前と生理中では肌の調子が崩れてしまうのか?皆さんはご存知でしょうか?

自分は生理前は肌がボロボロになっていくら保湿しても治らない。生理中は肌から白い粉がでて非常に乾燥する。など、生理が原因で肌の調子を崩す人は、何か対策をしていかないと、肌の老化を早めるばかりです。

そこで今回は生理前と生理中に起こる肌トラブルの原因とその対策方法を紹介していきたいと思います。生理のたびに肌の調子が悪い人はぜひ参考にしてみてくださいね。

どうして生理前と生理中は肌が乾燥して肌晴れを起こすのか?

生理中に肌が荒れたり、乾燥したりするのは、主に女性ホルモンの影響が大きいです。主に生理中に影響を受ける女性ホルモンが「エストロゲン」(卵黄ホルモン)と「プロゲステロン」(黄体ホルモン)です。この2種類の女性ホルモンは生理中と生理後の分泌量が大きく変化するため、肌が荒れたり、肌が乾燥したりするのです。

生理不順などがなければ、生理開開始後約14日後の排卵時期に合わせてエストロゲンの分泌量がピークに差し掛かり、排卵後は減少していきます。反対に排卵後は、妊娠の有無によってプロゲステロンが増加していき、妊娠が成立してなければ、プロゲステロンの分泌は徐々に減少していきます。このエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れやすい時期が生理前と生理中であることがわかっています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)が肌に与える影響とは?

女性の美しさや若々しさのバランスを調整するのが、エストロゲンという女性ホルモンです。このエストロゲンは女性的な特著である美しい肌質や体型などを作り出すのに非常に重要な役割をしています。主なエストロゲンの働きとしては、

◯肌の水分量を増やす働きがある
◯皮脂の分泌を調整する働きがある
◯コラーゲン産生を促進する働きがある
◯髪の毛や体毛をコントロールする働きがある

などが上げられます。とくに肌の水分量と皮脂の分泌量には深く影響を及ぼしているため、生理中はこのエストロゲンの分泌が乱れやすいことから、肌の保湿のバランスが崩れやすく、肌が乾燥しやすくなります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)が肌に与える影響とは?

プロゲステロンとは生理や妊娠をコントロールしている女性ホルモンです。妊娠がない場合には、生理を促す働きがあり、女性の妊娠をコントロール重要な女性ホルモンです。プロゲステロンの主な働きとしては、

・妊娠を促すように体温の上昇を促進させる
・皮脂の分泌量が増加する
・ニキビがなどをコントロールする

などが上げられます。基礎体温が上昇したり、皮脂の分泌量が変化することから、生理中にプロゲステロンが乱れると乾燥肌になりやすいのはこのためです。

生理前に現れる月経前症候群(PMS)とは?

生理前には女性ホルモンが乱れやすく、その影響で肌が乾燥したり、荒れる事があると紹介してきました。女性の多くは生理前は体長が非常に不安定であり、さまざまな症状を併発しやすいのです。

生理前によくなる体の不調

  • 頭痛
  • 体調不良
  • むくみ
  • 胸がはる
  • 瞼が重たくなる
  • イライラ
  • 気分が落ち込む
  • 食欲不振もしくは増加
  • 便秘
  • ニキビ・肌荒れ
  • シミ・そばかすの増加

など、妊娠前の体調不良は上げればキリがないほどです。こうした生理前の体調不良を総じて「月経前症候群(PMS)」と呼びます。PMSの症状の特徴としては、生理が始まるとこれらの症状が落ち着き、生理が終わる頃には体長がお戻るのが特徴です。

PMSは女性ホルモンのバランスが崩れることが主な原因と言われていますが、正確にはどうしてこのような現象が起こるのか、はっきりとは解明されていません。PMSの影響は個体差が非常に激しい症状であり、日常生活にまってく影響しない人もいれば、PMSが酷すぎてときには入院を必要な人います。このように生理前や生理中の女性の体は大きな変化に見舞われる事が多く、肌があれやすく乾燥しやすい状態におかれているのは間違いないでしょう。

生理前と生理中に乾燥させずに肌荒れを防止する方法とは?

生理前と生理中では肌が乾燥しやすくまた荒れやすいことはわかったと思います。なのでここからはどうしたら、生理前と生理中に肌の調子を整えられるのか?対策と方法を紹介して行きたいと思います。

大豆イソフラボンを摂取してホルモンバランスを整える

エストロゲンと同じような働きをすると言われる大豆に含まれている大豆イソフラボン。豆腐や大豆食品に多く含まれており、良質なタンパク質も同時に取れるので、肌にとてもよい影響を与える栄養素の一つです。

大豆イソフラボンは薬ではないため、大量に摂取してもとくに問題があるわけではありませんので、取り掛かりやすく、大豆職にはビタミンやミネラルも豊富に含まれているため、肌の調子を総合的に強化することできます。

ビタミンEが豊富に含まれている食材を食べる

ビタミンEは女性ホルモンの一つプロゲステロンの分泌を促す作用があり、生理前と生理中にキチンと摂取することでホルモンバランスが崩れる心配を緩和することが期待できます。

ビタミンEを多く含む食材としては、かぼちゃ・アボカド、ごま・ナッツ・アーモンド・落花生などが多く含まれている食材です。また、ビタミンEはビタミンCも併用して摂取することで、相乗効果で効果が上げることは有名なので、合わせてビタミンCが豊富な赤ピーマン・パセリ・芽キャベツ・レモンなどと合わせて食すとことがとてもおすすめです。

サプリメントで効率的に栄養を摂取する

日常的に健康的で栄養バランスの取れた食生活を送っていても、生理前や生理中ではホルモンバランスが崩れやすく、体調不良を訴える女性は多いです。そのため、生理前や生理中ではサプリメントを服用して体長を改善する栄養素をさらに効率よく吸収する方法が取り入れることもおすすめです。

サプリメントでは大豆イソフラボンやビタミンC/ビタミンCを多く含むサプリメントがおすすめです。

化粧品を高保湿なものに変更してみる

生理前と生理中は女性ホルモンのバランスが崩れることから、肌が乾燥しやすいため、いつもの保湿ケアでは不十分な場合があります。こうした問題を解消するためにも生理前と生理中では保湿ケアで使っている化粧品を高保湿なものに変更するのも一つの手段です。

アヤナス

おすすめ保湿化粧品
出典 :
【ディセンシア】アヤナス トライアルセット
1,480円(税込)

・送料無料 ※公式サイトのみ
・30日以内、返品・交換OK(使用後も受付)※公式サイトのみ
・お1人様1セット限りの初回限定商品
・アルコール不使用
・香料不使用
・紫外線吸収剤不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み
・アレルギーテスト済
・無着色

アヤナスに含まれるジンセンXは基礎代謝を促進させ、肌の状態を整える働きがあります。また最小まで小さくしたナノ化セラミドが肌奥まで浸透していきます。価格も高保湿化粧品の中では比較的リーズナブルな価格帯なので、普段使いもできるため、おすすめです。

生理前と生理中をコントロールすれば怖いものなし

生理前と生理中はどうしても肌の調子が崩れやすく、乾燥したり、荒れたりする時期です。この時期をうまくコントロールできれば、日頃の肌トラブルも大幅に解消することできます。

ただしホルモンバランスのコントロールは個人差が大きく、効果が出やすい人と出にくい人に別れやすく、誰にでも当てはまる方法が少ないのも事実です。生理前と生理中で肌の状態が著しく悪くなる傾向がある人は一度専門の先生に診察してもうことも視野に入れておくと良いでしょう。