和食中心の食生活で乾燥肌は改善するのか?日本食の凄さに注目してみた!

肌の乾燥がなかなか治らないのは、食生活に問題があるのかもしれません。日本人が昔から食べている和食文化。この和食中心の食生活が乾燥肌を改善するとして今注目されています。こちらでは和食中心の食生活が肌にどれだけ良い効果を発揮しているのか?検証しています。

和食で乾燥肌を改善する
  1. 和食中心の食生活で乾燥肌は改善するのか?日本食の凄さに注目してみた!

保湿化粧品をいろいろと試すけど、なかなか効果を実感できない人は食生活を変えると、肌体質が改善して、乾燥肌が治ることがあります。

とくに日頃から糖質や脂質など、油っぽいものやジャンクフード、甘いスイーツに目がない人は、食生活を和食中心に変えると肌の調子がよくなることがあります。

家庭の食事も欧米型である家庭も増えてきて、食生活による乾燥肌になる人が多くなってきました。食生活による肌の乾燥化現象は多くの専門家の間で指摘されており、食生活の改善は潤いある肌に変えるために必要な対策の1つです。

そこで今回は食生活を和食中心にすることで乾燥肌を改善できるのかどうかについて紹介していきます。乾燥肌も放っておくと肌の劣化に繋がりますので、食生活の改善に取り組んでみましょう。

和食は乾燥肌を改善する効果はあるのか?

まずは和食中心の食生活を送ることで、乾燥肌や肌体質が改善するのかどうかについて検証していきます。

和食は胃腸に優しい

和食のメリットとしては、胃腸に優しいことがあげられます。和食は、中華や欧米系の料理などに比べて香辛料をあまり使いません。また、脂質やアルコールなどの胃腸内で刺激となるものも少なく、消化の過程で胃腸に負担がかかるものが少ない料理です。

中華や欧米型の料理は香辛料やアルコール、チーズやミルク製品などの味が濃厚です。濃厚な味付けは美味しく感じますが、胃腸で消化する際には大きな負担になっているのです。

味が濃厚になればなるほど、基本的に胃腸に負担がかかっていると思った方が良いでしょう。また、刺激的なスパイスやアルコール製品は自律神経を刺激し、興奮状態になりやすく、肌に悪影響を及ぼします。和食は食材の旨味を最大限に引き出す調理法です。反対に外国の料理では、如何に美味しく調理するかに力を入れていることが多いため、胃腸に負担がかかっていることが多いのです。

脂肪分が少ないから、余分な皮脂が出にくい

和食は油を使う事が少なく、和食中心の食生活に切り替えるだけで、脂質の摂取量は大幅に減できるのです。

余計な脂質は皮脂の量を増加させ、肌に潤いを与えるのに邪魔なります。そして、脂質の多い食生活は油ぽい皮脂を分泌しやすくなるため、顔全体がテカりやすくなります。これは腸から大量に吸収した脂質を皮脂として排出しようと体が機能しているためでもあります。

和食にはミネラルが豊富な献立がたくさん

それと、和食に出てくるひじきや昆布、こんにゃくなどには、ミネラルやビタミンが豊富であり、また肌の保湿に欠かせないセラミドも食事から摂取すること出来るため乾燥肌にはとても有効です。

必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸が豊富

オメガ3系脂肪酸は、青魚やシソ脂などに多く含まれている必須脂肪酸です。オメガ3系脂肪酸は人間の肌を構成するのに必要な必須脂肪酸なのですが、これらはすべて食事からしか摂取できず、体内で作り出すことができないのです。

和食では青魚を美味しく調理する方法がたくさんあるため、これらの必須脂肪酸を積極的に取り込むことができます。

米は肌の潤いと活力を与える最高の食材

米に含まれているデンプン質は消化吸収が穏やかで、小麦などに比べて脂肪に変わりにくく、アレルギーとなる成分もないため、体にとても良い糖質です。さらに米にはセラミドも含まれており、お米を食べることでセラミド成分を摂取することもできるのです。KOSEで販売されている「米肌」もライスパワー11という米に由来にした保湿成分に注目しており、保湿効果はとても高いといっていいでしょう。米は和食を代表する食材の一つであり、私達が昔から親しまれてきた食材の一つです。

和食は乾燥肌を改善するのに効果がある!

ここまでに紹介したように和食中心の食生活は乾燥肌の改善の手助けになることはわかったと思います。食材自体の栄養素をそのまま活かす調理法も乾燥してカサカサになった肌にとってはプラスなことです。肌が乾燥してカサカサな状態が続いているとただ保湿するだけでなく、乾燥で傷ついた肌の細胞を修復するためにたくさんの栄養素が必要になります。そのためには食材の栄養素をなるべく壊さず、取り入れる必要があるのです。

さらに効果的な和食の取り方とは?

和食中心の食生活は乾燥肌を改善する助けになることを紹介してきました。そんな肌に良い影響を与える和食をさらに高めるための方法和を紹介しますり

朝食では納豆を積極的に取り入れる

朝食では、一日のエネルギーを補充するために米を食べることはとても良いことです。そこにプラスして納豆を掛けて食べると栄養のバランスとしてもとてもよくなります。納豆には大豆イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンと似た働きをする成分があり、さらに大豆に含まれるたんばく質は非常に良質で積極的に取り入れたいものです。また、発酵食品はすでに消化しやすい形に分解されていますので、寝起きで本調子ではない胃腸にはとても優しい朝食になります。

乾燥肌を改善するセラミドを含む食材を積極的に取り入れる

和食の食材であるこんにゃく、黒ごま、黒豆、ひじきなど、黒い食材にはセラミドが非常にたくさん含まれています。特にこんにゃくには驚く程多くのセラミドがふくまれています。しかも、こんにゃくのカロリーはほぼゼロです。乾燥肌の人はセラミドの量が圧倒的に足りていません。そのため、積極的に食材から摂取できるなら、食事からセラミドを取り入れるようにしましょう。

レバー、のり、わかめ、緑茶からビタミンAを摂取してターオーバーを活性化!

レバー、のり、わかめ、緑茶などには、多くのビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは肌のターオーバーを促す働きがあるとされ、積極的に取り入れたい栄養素です。このビタミンAは和食でよく使われる食材にたくさん含まれています。

和食の注意ポイント

ここまで和食中心の食生活が良いところを紹介してきました。しかし、和食にも気をつけるポイントがあります。

塩分の取り過ぎには注意!

和食の味の決め手となる醤油や味噌は多くの塩分がふくまれています。そのため、塩分のとりすぎには注意するべきです。特に醤油や味噌は濃いい方が美味しく感じる人も多く、こうした濃い味好みの人は塩分を取り過ぎ傾向があります。

体内の塩分濃度が上昇すると、体の塩分濃度を調整するため、喉が渇いたような感覚になり、たくさんの水分を取ろうとします。水分を取ることはけして悪いことではありませんが、飲み過ぎるとむくみに繋がります。

むくみは体の新陳代謝を鈍らせ、肌の再生も鈍らせる原因になります。さらに塩分の取り過ぎは肌の水分量を減らす原因になります。

よく塩を魚や肉、野菜などに振りかけると食材の中にある水分の浸透圧の違いにより、水分が抜けやすくなります。漬物などはこの原理を利用して、食材の水分を抜き、塩漬けにしているのです。ナメクジに塩をかけると水分が抜けて死んでしまいます。このような現象が私たちの肌でも多少は影響してきます。

もちろん、塩分は適量の摂取なら、胃液、消化、殺菌、新陳代謝をよくするといった働きもしてくれます。さらに不足してくると胃液が薄くなり食欲不足になる傾向も。厚生労働省が推進している1日の推薦摂取量は約6グラム。これを基準に少し超えるくらいなら適正範囲と考えてよいでしょう。

保湿化粧品を取り入れてプルプルの肌になろう

和食の中心の生活を続けることで健康的になりながら、乾燥肌を改善することもできます。和食にしたからといって、すぐに効果があるわけではありませんが、肌の状態は徐々によくなります。このように肌の状態が良くなってきたら保湿化粧品の効果も非常に高くなってきます。まずは内側からの保湿アプローチをしたら今度は外側の保湿アプローチもしていきましょう。

おすすめ保湿化粧品
出典 :
【ディセンシア】アヤナス トライアルセット
1,480円(税込)

・送料無料 ※公式サイトのみ
・30日以内、返品・交換OK(使用後も受付)※公式サイトのみ
・お1人様1セット限りの初回限定商品
・アルコール不使用
・香料不使用
・紫外線吸収剤不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み
・アレルギーテスト済
・無着色

ディセンシアのアヤナスは高濃度のセラミドを配合した総合保湿化粧品です。ポーラ親会社に持ち、ポーラの技術をギュッと凝縮したアヤナスへ低価格帯にも関わらず、非常に効果が高いと非常に評判が高い化粧品です。

トライアルセットがあるので、まずはこちらで試しに使ってみた保湿効果を実感出来るようでしたら、使い続けてみるといいでしょう。

30日間の返金保証付きなので、安心して使えるのも嬉しいポイントです。

和食中心で治らなかった乾燥肌を改善できる!

〇〇美人と呼ばれるように色白でお肌のきれいな女性が多いと言われてきた日本人ですが、その秘密は毎日の食生活にありました。

しかし、食生活の欧米化や不規則な食生活が多くなった現代人にとって、

和食は肌の乾燥を改善する栄養素がたくさん含まれており、食生活を変えるだけで劇的に肌の調子が良くなる人はたくさんいます。昔から食べられてきた嬉しい日本食は今後も多く国や地域からも注目されることでしょう。親しめれてきた和食を今一度再確認して、ぷるんと保湿されたモチモチ肌になれるように和食中心の食生活をぜひ始めてみませんか?