ほうれい線はエステで解消できる!エステで消せるほうれい線の種類とは?

顔にできるほうれい線をエステで解消できると聞いたことはありますか?ほうれい線は美容皮膚科などで専門的な治療を受けないと消えないと思っていると思いますが実はエステで解消できるのです。こちらではほうれい線がエステで解消できるのかについて調べてみました。

ほうれい線をエステで解消できる
  1. ほうれい線はエステで解消できる!エステで消せるほうれい線の種類とは?

ほうれい線ってエステで消えるの?と疑問に思っていませんか?

鏡の前の自分の顔を見てほうれい線があることに気が付き、愕然としたという経験がありませんか?もちろんいきないほうれい線ができたわけではないけど、徐々に徐々にほうれい線のスジができ、気がついたときにはくっきりとほうれい線の痕がしっかり付いていることを知る時、とても衝撃を受けた経験はありますか?

そうなん衝撃をうけたほうれい線を消す方法としてエステでほうれい線が消えるという話を聞いたことはありませんか?エステの施術は基本的に肌を保湿し、リンパをマッサージするなどしてデトックス効果やダイエット効果を実感するような場所である印象があるのですが、最新のエステでは肌できるほうれい線を消すこともできるようです。

そこで、今回はほうれい線をエステで消すことができるのか?最新のエステ事情について調べてみました。

ほうれい線はどうしてできる?

ほうれい線はどうしてできるでしょうか?まずは、その原因について紹介していきたいと思います。

肌の乾燥がしている

肌が乾燥すると肌細胞内の水分量が低下して肌の保水力がなくなります。コラーゲンやエラスチンと呼ばれる肌の弾力やハリを作り出す成分は、肌に十分な水分がないと十分な機能を発揮することができないため、頬のたるみが進行してくるようになります。そうなるとたるんできた肌に溝ができ、皮膚が織り込んでくるような状態になるため、ほうれい線ができてしまいます。

つまり、肌の乾燥を防ぐことはほうれい線を予防することに繋がるということになります。

紫外線によって肌がダメージを受けている

紫外線には、太陽から放出される光の波長の種類です。主に太陽光は「赤外線」「可視光線」「紫外線」の3つから分けられます。その中でも紫外線は太陽光の中でも最も光の波長が短い光になります。

光の波長は短ければ、短いほど肌に与えるダメージが大きくなる性質があり、紫外線は太陽の光の中でもっとも肌へ影響を与える光の一つといえます。この紫外線の波長はさらに「UV-A」「UV-B」「UV-C」と3つに分類することができます。

この3つの種類の中でもっとも厄介なのが、UV-Aという紫外線です。UV-Aは紫外線の中では波長が長い紫外線なのですが、やっかいなのが、肌の奥にある真皮層でしっかり紫外線のダメージを届けてしまうという点です。波長が長いため肌の奥まで影響してしまうのですが、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンに影響を与え、新しくコラーゲンやエラスチンを生成することを阻害してしまうのです。

紫外線が原因の老化は「光の老化」とも呼ばれ、深く消えにくいほうれい線をつくる原因になりやすいので注意が必要です。

1日の喫煙本数が多い

タバコを日常的に喫煙している人はほうれい線ができやすいです。あなたももし喫煙しているなら、タバコを吸っている方の多くが肌の状態が悪いのが確認できると思います。これは喫煙すると毛細血管が収縮され、血行不良を招きやすく、肌に必要成分が十分に行き渡らないのが原因です。

肌は体の1番外側の部分であるため、太い血管の管はなく、細い毛細血管が無数に張り巡らせれていますそのため喫煙をしてしまうと毛細血管を収縮させしてて、十分な血液を華に送ることができなくなります。血液の中には肌の再生を促す栄養成分があり、この栄養成分をもとに肌の弾力をつくる細胞や肌を保湿する成分などを作り出しています。十分な血液が運ばれてこないと言う事は、肌が新陳代謝することなく老化しやすい肌になります。そのため肌がたるみやすくなり、ほうれい線ができやすくなります。

アルコールを毎日飲んでいる

アルコールを飲むことで血管が拡張され血液量が増加しますが、リンパの流れが良くなるわけではなく水分の処理が追いつかなくなりむくみが発生する原因となります。顔のむくみは老廃物の代謝も悪くなり、顔が弛みやすくなってしまいます。またアルコールを飲むことによって老化を促進してしまう活性酵素が多く発生し、コラーゲンの生成を阻害してしまうことがあります。もちろん少量のアルコール摂取には問題はありませんが、毎日、ビール缶を2杯以上飲んでいる方はたるみを作る原因になっており、ほうれい線ができやすい方です。

加齢による肌の劣化

俺先はたるみが原因による肌のシワです。そのため加齢によってたるみが生じる場合によってはこちらは防ぎようがない原因の1つです。

どんな形も年齢を重ねると肌の弾力や針を保つ細胞が年々弱くなり肌を支えることができなくなります。そのため加齢による肌の劣化原因のほうれい線は防ぎようもないことなのですが、日々のスキンケアや食生活の改善などにより、症状を和らげることができます。これは毎日の積み重ねのため1日1日きちんとした保湿ケアが必要になります。

水分の過剰摂取でむくみができやす

あなたは毎日水分をどれだけ飲んでいますか? 1日の必要な水分摂取量は1.8リットル〜2.3リットと言われています。つまり毎日2リットル以上の水分を取る必要があると思われがちですが、ミナルウォーターなどの水分を毎日2リットル以上飲む必要はありません。食事なので得られる水分は大体平均して0.6リットルであり食物を分解して出る分が0.2度なので大体ペットボトルの水を1.5リットル程度摂取すれば良いと考えて良いでしょう。

逆に水分を摂りすぎると、体の中で水分を濾過する機能が追いつかなくなり、血液中の水分量が増加することによってむくみがきつくなることがあります。特に顔の表情あたりにむくみがきつくなると頬の重量が増して肌が頼みやすくなります。

またむくみは新陳代謝を阻害する原因にもなります。ほうれい線を作らなくするためには肌の新陳代謝を常に活性化させておく必要があります。むくみはこの肌の新陳代謝を遅らす形になりますので水分補給は適度な水分量を目安に取るようにしましょう。

エステで消えるほうれい線なら、エステで消す方が断然お得!

ほうれい線はエステに通うことで解消できるものがありますが、すべてのほうれい線がエステで解消できるほど、エステは万能ではありません。ほうれい線は上記で紹介したように条件のことなる原因がいくつもあり、ほうれい線の症状もバラバラです。また、深すぎるほうれい線にはエステだけで解消するのは難しいのが現実です。

しかし、技術の進歩から解消できるほうれい線の種類は年々増えてきていることは事実であり、多くのほうれい線が解消できるようになりました。またエステでほうれい線を解消することと美容皮膚科でほうれい線を解消するのでは大きな違いがあります。それは同時に肌の調子もよくなりますし、何よりエステには気持ちをリフレッシュさせる効果があります。なので、通うのであれば断然エステのほうがオススメです。

すべてのほうれい線をエステで解消することはできませんが、エステで解消できるほうれい線であるなら、エステで解消した方がお得でしょう。

エステで解消できるほうれい線の種類とは?

最新のエステではさまざまなほうれい線のタイプを解消できるようになりましたが、すべてのほうれい線を解消するまでは至っていません。ではどのようなタイプのほうれい線がエステで解消できるようになっているのか?確認していきましょう。

エステでほうれい線が解消できるタイプ

乾燥が原因のほうれい線

肌は乾燥するほうれい線はエスで解消することが可能です。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌の1番上にある角質層では外からの乾燥を防ぐバリア機能があります。このバリア機能はラメラ構造と呼ばれるミルフィール状に折り重なったセラミドや脂質によりできたお肌の防御壁です。

このバリア機能が乾燥によるよって破壊されてしまいます。肌のバリア機能が機能していないと角質層から肌内部の水分がどんどん蒸発してしまいます。水分をしなった肌は潤いがなくなり、肌がカサカサするような状態になってしまいます。すると肌の弾力や針を作るコラーゲンやエラスチンが十分な弾力を作ることができず、肌のたるみを誘発してしまいます。つまり肌の乾燥を解消すれば、乾燥によるほうれい線は解消することができるのです。

エステではバリア機能を形成する保湿成分を十分に補うことができるため、乾燥によるほうれい線を改善する可能性は非常に高いと言えるでしょう。

初期のたるみが原因のほうれい線

加齢によるたるみが原因のほうれい線はエスで解消するのは難しいのですが、比較的初期の段階であるほうれい線はエステでも解消しやすいです。

初期のほうれい線ができる理由としては一時的に肌自体の弾力が低下してるのが原因です。年齢が若い頃でも肌の一時的な弾力の低下は起こり、これは肌の乾燥やストレスなどにより、新陳代謝が低下している時に起きやすい現象です。この程度の初期段階のほうれい線ならば、軽いリフトアップや高保湿パックなどで改善する可能性は非常に高いです。

笑顔が原因のほうれい線

笑顔でいる事は非常に良いことです。笑顔を作っているのは表情筋と言われる顔の周りについている筋肉です。笑顔を作るとき口角あたりの表情筋をぐっと上に伸ばしその際にのび太筋肉と縮まった筋肉の境目に皮膚の折り目ができます。これが癖となってできるのが笑顔が原因となるほうれい線です。

英語が原因のほうれい線は肌細胞に直接問題があるわけではないのでエステで解消することが比較的簡単な分類なります。また笑顔の人は表情筋が鍛えられてるので捨てて全体的な底上げをすればほうれい線が改善するだけではなく、ハリとツヤのある肌へと改善することも可能です。

エステでほうれい線が解消でないタイプ

次にエステでほうれい線が解消しにくいタイプのほうれい線を紹介していきたいと思います。

頬のたるみが進行しているほうれい線

頬のたるみが進行している場合はエステでほうれい線を解除するの難しくなります。特にほうれい線の端の上に頬の肉が得買ってるような状態ですとかなり肌のたるみが進行しており、エステでの保湿力アップや軽いリフトアップ程度では望むようなほうれい線の解消にはなりません。このような場合ですと、まずはほうれい線を解消するよりは、たるみ自体をまずは改善することが先決です。

骨格が原因のほうれい線

生まれ持った骨格が原因でほうれい線ができやすい体質の方がいます。これは映画を作るような時に限らず口を犯すたびにほうれい線あたりにシワが寄るような骨格の場合、エステでほうれい線を解消するのは少々難しくなります。

顔の脂肪が少ないタイプのほうれい線

過度なダイエットだったり、顔の周りにあまり脂肪がつきにくい体質の方はほうれい線が目立ちやすく、本来なら見えないほうれい線も見えてしまう場合があります。またどうしても肌自体に膨らみがないため、ほうれい線を解消しづらくエステによる折れ線解消は難しいかもしれません。

若い時は顔に脂肪がない方が嬉しいのですが、年齢を重ねると顔の周りに脂肪がなさすぎると少し老けてるような印象を受けます。そこにほうれい線が目立つとさらに肌が劣化してるように見えてしまうため、過度な食事制限などをしている人は生活習慣を変えてみるべきでしょう。

エステで解消できないほうれい線は美容皮膚科に行くべき

エステではあくまで治療ではなく、肌に潤いや栄養を与えて肌本来の力でほうれい線を改善するという方法です。そのため、肌自体がダメージを受けて保湿や栄養を与えるだけでは回復しなにようなほうれい線をエステで消すことは難しく、専門の医師がいる美容皮膚科や美容外科で治療を受ける必要があります。

例えば、ヒアルロン酸注射やレイザー治療など、専門の医師が行わなければならないような治療には美容皮膚科や美容外科で治療を受けなければなりません。これらの専門的な治療はエステとは根本的に異なるアプローチになりますので、効果は非常に高いです。

しかし、治療にはもちろんリスクも有り、副作用で湿疹ができたり、治療が肌に合わず、悪化することもゼロではありません。このあたりは専門医師とよく相談しながら最適な治療を洗濯していくと良いでしょう。

エステで解消したほうれい線の予防にはエクササイズで維持しよう

エステでほうれい線が解消できたら、再発しないように表情筋エクササイズで呼ばう対策をしておこう

エステでほうれい線を解消できたら、なるべくその状態をキープできるように日頃から再発防止のエクササイズを取り入れるようにすることがおすすめです。

特に口周りの表情筋を鍛えることが重要です。口を大きく開けて、次はギュッと口をすぼめたりと口周りの筋肉をキチンと使って表情を作るエクササイズを毎日数分は作るようにすると消したほうれい線の再発を防止することに繋がります。

ほうれい線の有無は毎日のスキンケアで変わる!ほうれい線を作らないための基礎化粧品はこちら

アヤナス

アヤナスの基礎化粧品はすべてナノイオン化したセラミドが豊富に配合されている総合基礎化粧品です。肌の老化によるたるみを解消するためにコラーゲンやエラスチンの生成を促すビタミンC誘導体も配合している総合基礎化粧品です。ポーラの技術により肌の乾燥肌対策に絶大な効果を発揮する化粧品です。

最後はやっぱり毎日のスキンケアが大事!

ほうれい線ができるととても老けた印象を受けるます。そのため、誰でもほうれい線は消したいと思いますが、一度できたほうれい線はなかなか解消するのが難しいですよね。

短期間で効果的にほうれい線を消す方法として、エステを利用することはとてもおすすめですし、エステに通うことで肌ツヤもとても良くなります。しかし、エステもほうれい線に対して万能ではないため、ほうれい線を消すための1つの手段として考え、エステで解消できない場合には、美容皮膚科などに通う事も検討してみるべきでしょう。

そして、1番大切なのことは毎日のスキンケアです。とくに基礎化粧品は高保湿なものを選び、肌が乾燥させない努力を日頃からするべきです。毎日の積み重ねがハリのあるほうれい線のない綺麗な肌を作る土台になることは間違いありません。