50代の保湿ケア対策!50代で気をつけるべき5つのポイント

50代になると肌の乾燥が進むこともよくあります。50代では若い頃にしていたスキンケアでは効果は薄く、また、気をつけるべきポイントも変わってきます。こちらの記事では50代の方が保湿に対して気をとつけるべきポイントを紹介しています。

50代からの保湿対策
  1. 50代の保湿ケア対策!50代で気をつけるべき5つのポイント

50代にもなると、ちょっとした刺激や季節の変わり目などにも大きな影響を受けやすく、女性ホルモンが減少し、シミやシワといった肌トラブルが多くなります。

昔なら大丈夫だった肌トラブルも50代なるとなかなか改善しないものです。けれど、諦める必要はありません。50代になっても肌の調子を上げている人もいますし、40代50代くらいになると、

50代の肌トラブルはどんなもなごあるのか?

50代になると女性ホルモンの体内分泌も非常に少なくなり、肌の新陳代謝が非常に弱くなる時期でもあります。そんな50代で肌のトラブルはどんなものがあると以下のようなものが上げられます。

・シミやシワができやすくなる
・シミやシワが消えない
・日焼けの影響が大きくなる
・睡眠不足でシワやたるみを悪化させる
・安い化粧品では保湿できなくなる

このように肌のトラブルとして早急に対処していくべきものが多く、ここで真剣に保湿対策をキチンとしていかなければ、この先60代70代で非常に大きな違いがでてきます。

50代でしてはいけないことは何か?

50代にもなると保湿対策をしていくだけでは完璧ではありません。毎日の生活の中で肌にマイナスを与えるようなことは極力排除もしくは改善していく必要があります。

・肌を清潔にしていない
・日焼け止めをせずに外出する
・保湿化粧品が20代、30代のころと変わっていない
・自分は大丈夫だと楽観的に考えている
・自分の顔をよく観察してない人
・美容にお金をかけていない

この6つの項目は50代で絶対にしては行けない項目になります。

50代でするべき◯つのスキンケア方法

それでは50代でおすすめするスキンケア方法を紹介していきましょう。

エステに通う

フェイシャルエステやボディエステに通うことは肌を元気づける方法としてはとても理にかなっています。エステに通うことは専門的な美容治療を受けれるだけでなく、美への意識が高まります。私はこの美意識の向上が非常に重要であると考えています。

50代にもなると多くの人が美への追求を諦めてしまっている人が多いのですが、肌の状態は、美への意識が高ければ高いほど良くなります。これはキレイになろうと脳が無意識のうちに命令を出して、肌細胞を活性化させているからです。されにエステで集中的に保湿成分を浸透させたり、マッサージによりリンパの流れがよくなり、血液の循環がよくなることで代謝も改善されるため、非常に良いサイクルが生まれます。また、専門的な知識を有するエステティシャンとの情報交換により、保湿ケアに対するアプローチの制度が上がることもあります。

デメリットを上げるとすれば、経済的な負担が大きくなることでしょう。最近は手軽で比較的リーズナブルなエステプランもありますし、もちろん中身は高品質なエステです。ネットの口コミや評価を参考にいくつか回ってみれば良いエステ店と巡り合うことができるでしょう。

クレンジングは刺激の低いものを使う

クレンジングのチョイスは50代でとても大切な項目の一つです。毎日メイクをしている方ならクレンジングの良し悪しで肌の保湿ケアに大きな違いが生まれます。クレンジングは落ちにくいメイクを落とすため、どうしても清浄力が強い分類に入ります。そのため種類によっては肌に大きな負担を強いている場合があり、積み重なっていくと後々大変なことに繋がっています。ではどのようなクレンジングを使えば良いのでしょうか?

クレンジングのおすすめはミルクタイプのクレンジングです。ミルクタイプは水分を多く含んでいるため、非常に刺激が弱いのが特徴です。メイクは油であるため水分を多く含んでいるミルクタイプでは洗浄力がオイルタイプに比べた弱いのですが、優しくメイクを落としてくれます。50代では一度ダメージを受けた肌が回復するまで非常に時間が掛かったり、ときにはもとに戻らないこともあるので、なるべく肌へ負担がかかるクレンジングは避けるべきです。

メイクはクレンジングで落ちやすい軽めなメイクにする

クレンジングで刺激の弱いミルクタイプのものを推薦しましたが、ミルクタイプのクレンジングを使うためにはメイクをミルクタイプでも十分に落とせる軽めのもが良いでしょう。例えば、ファンデーションはパウダータイプのものしたり、チークやグロスやアイシャドウなどは明るめで色の薄いものを選んだりするといいでしょう。

また、50代では濃い目のメイク自体があまり良いとは言えません。50代の良さは品格をよく見せるメイクがおすすめです。化粧で着飾るよりも、ありのままの自分を自然に演出できるようなメイクを心掛けることが良いでしょう。

洗顔に冷水やお湯はつかわない

毎日1度や2度は洗顔をして汚れをキチンと落としていると思いますが、皆さんは洗顔をしているときにお湯や冷水(真水)で洗顔していたりしていますか?洗顔で気をつけてほしいのが、どんな洗顔料を使っているかよりも洗顔で使う水の温度です。

お湯の洗顔は毛穴が開き、余分な皮脂まで洗浄してしまう

お湯で洗顔している人は必要な皮脂まで洗顔で落としているかもしれません。洗顔料はもともと油を落とす力があります。しかし、この洗顔料はあくまで人肌のぬるま湯で洗顔することを想定して作られており、お湯で洗顔をすると皮脂を予定よりも多く取ってしまいます。皮脂は肌のバリア機能を作るとても大切な役割があります。洗顔で過剰に取ってしまう行為は50代の肌にはおすすめしません。

冷水で洗顔は肌を攻撃しているようなもの

一時、冷水で洗顔すると良い、最後に冷水で〆ると毛穴が引き締まるので良いとされていましたが、これは科学的根拠がない全くのデマであり、冷水で洗顔すること自体にメリットはありません。冷水で洗顔すると冷たいと思うとでしょう。冷たいとは刺激を受けている証拠、つまりダメージを受けいるのと代わりがありません。

人によっては冷水で洗顔すると肌が少し赤くなる人もいますので、冷水で洗顔をすることは止めましょう。

美容オイルや美容クリームを使い油分を十分に補充する

50代で決定的に肌質がことなるが皮脂の絶対量です。皮脂は肌のバリア機能を作り出す重要な成分の一つであり、肌の乾燥を守る重要な役割を担っている成分の一つです。この皮脂は30代を過ぎたあたりから急激に減少していき、50代の頃には皮脂量は必要な量を満たすことは難しくなります。そこで足りない皮脂を別の油分で補う必要があるのですが、この時にオススメしたいのが、美容オイルや美容クリームです。

どちらも油分をベースに保湿に必要な成分も配合しているため、皮脂の足りない肌に十分な油分を補充すること出来ます。

オールインワンゲルのような化粧品ではなく、目的別に使う保湿化粧品を使う

あなたはこれまでオールインワンゲルと呼ばれる一つで化粧水・美容液・乳液・クリームを満たす総合保湿化粧品を使ったことがありますか?オールインワンゲルの最大のメリットは一つですべての保湿化粧品をカバーできる手軽さです。

人気の秘密はこの手軽さですが、保湿効果が意外と良いのも人気な理由の一つです。もちろん、化粧水・美容液・乳液・クリームを順番に使う方が確実に保湿効果は高いのですが、オールインワンゲルは保湿成分が高濃度濃縮していることもあり、保湿効果は侮れません。20代30代なら、オールインワンゲルでサッと保湿ケアをしても十分な効果を得られると思いますが、40代や50代になるとオールインワンゲル一つではすべてをカバーするのはキツいところです。

とくに50代にもなると全体の水分量が少ないのか?それとも、油分が少ないのか?肌の状態に合わせた保湿ケアが必要で、各保湿化粧品で微調整が必要になってきます。しかし、オールインワンゲルではそうした肌の状態に合わせた日超背に弱く、その時々似合わせたケアが苦手です。オールインワンゲルも成分的には良いものもそろっていますが、50代で使うべきものではありません。

美しくなりたいなら、病院皮膚科も有効手段!専門的な治療も検討しよう

50代になると自己ケアだけでは臨む肌状態になることは難しい事が多いです。そのため、専門の皮膚科で専門的な治療をうけることも検討しても良いかもしれません。

美容皮膚科のメリット

美容皮膚科を使うメリットを紹介すると、
・専門的な知識で的確な治療方法を提案してくれる
・普段のスキンケア方法を正してくれる
・自分の肌体質が何かがわかり対策が立てやすくなる
などが上げられます。

これはやはり専門的な治療の提案と、科学的根拠に基づく治療は自己ケアでは改善しなかった問題を速やかに改善してくれるを期待することができます。

美容皮膚科のデメリット

美容皮膚科のデメリットをあげるとすると、
・経済的な負担が大きい
・通う必要がある
・ごく稀に治療法が合ってなく症状が悪化する
などがあげられます。

1番の大きなメリットは経済的な負担が大きいことでしょう。とくに美容皮膚科の治療の場合、保険適用外のものも多く、本格的な治療を行う場合、経済的な負担は非常に大きいものとなります。

50代でおすすめする保湿化粧品

手軽に且つ効果的に50代の肌に潤いに与える方法としては、保湿に特化した保湿化粧品を選ぶことでしょう。近年の美容化粧品業界の技術の発達は非常に優れており、どのメーカーも効果的な保湿化粧品を提供しています。今回はそんな保湿化粧品の中からこれはおすすめできると言える化粧品を紹介していきます。

アヤナス(DECENCIA)

出典 :
【ディセンシア】アヤナス トライアルセット
1,480円(税込)

・送料無料 ※公式サイトのみ
・30日以内、返品・交換OK(使用後も受付)※公式サイトのみ
・お1人様1セット限りの初回限定商品
・アルコール不使用
・香料不使用
・紫外線吸収剤不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み
・アレルギーテスト済
・無着色

セラミドナノスフィアにより、通常のセラミドよりも浸透力が倍増している高保湿化粧品です。化粧水、美容液、クリームなどのどの化粧品にもセラミドが配合されているため、非常に保湿効果が高いのも特徴の一つです。50代の気になる乾燥肌にはぐぐっと保湿成分が浸透していくので、とても効果的です。

50代はどれだけ真剣に保湿対策に取り組めるかが勝負の分かれ目です。

50代で真剣に保湿対策に取り組んでいる人は意外にも少数です。年だから…。今更…。やっても意味がない…。などと今から保湿対策してキレイになることを心の何処かで諦めている人が多いです。もちろん、潤いのある綺麗な肌になりたい気持ちは皆さん持っているのですが、真剣に保湿対策をしている方は思っているより少ないです。

50代からの保湿対策は大げさかもしれませんが、真剣勝負です。少しでも気を抜けば、今まで頑張ってきた保湿対策や保湿ケアがすべて台無しになるとっても過言ではありません。なので、50代からは本当にキレイになりたいという強い気持ちが必要になります。

あなたも本当に潤いのある綺麗な肌になりたい等気持ちがあるなら、今日から保湿に対する強い意志をもってスキンケアに取り組んでみましょう。あなたの強い意志があなたの肌を変えるきっかけになるのは間違いありません。