カサカサする乾燥肌を解決する7つの対策とは?

乾燥肌を改善するなら正しい保湿対策が必要です。コチラの記事では乾燥肌を改善するための正しい保湿対策について詳しく紹介してます。今乾燥肌で困っている人はぜひご覧ください。

  1. 乾燥肌を改善する

お肌の乾燥が気になり始めたら、あなたはどんな乾燥肌対策をしていますか?

乾燥肌対策はしているけど、イマイチ乾燥肌が改善していない。そう感じている人は乾燥肌の対策を変える必要があるのかもしれません。

コチラの記事では乾燥肌がなかなか良くならない方のために、乾燥肌についての正しい知識と乾燥肌を改善するためのおすすな方法を紹介しています。

乾燥肌を放置すると、どんな問題が起きるのか?

乾燥肌を放置するとどんな問題があるのか?

乾燥肌を放置すると、どんな問題が起こるのでしょうか?まずは乾燥肌が引き起こす肌トラブルについて考えてみましょう。

乾燥肌って肌がカサカサするだけじゃなくて、化粧ノリがすごく悪くなるから困るのよね。
乾燥肌は肌の水分量が減っていて、肌の潤いがまったくない状態だからね。乾燥肌は早めに対策をしないと後ですごく後悔することになるから、ここでキチンと対策していこうね。

シワができる

乾燥肌が進むと肌に細かいシワができるようになります。これは表情を作るときにできる肌の折り目が戻らないことが原因の一つと考えられます。

シワは加齢によりいつかは必ずできてしまいます。けれど、若い人でもシワができることがあります。それが乾燥肌であることです。

肌は乾燥すると肌内部の水分量が減り、肌の弾力を作り出すコラーゲンがうまく生成できません。こうなると表情を作るときに、顔の皮膚に折り目が付くと元に戻らないのです。

健康な肌でしたら、コラーゲンの弾力とハリの力で、元に戻るのですが、長い間、乾燥肌でいると肌内部のコラーゲン自体も弱くなってしまいます。このような肌コンディションが長く続くと細かいシワ(ちりめんジワ)ができやすくなるのです。

私たちは言葉だけでなく、表情もたくさん使って、対人コミュニケーションを取りますよね。なので、顔の皮膚に折り目が入ることは避けることはできないのです。乾燥肌を改善できないことは、細かいシワができるだけでなく、将来的に大きなシワもできてしまう可能性がとても高いのです。

同窓会に行った時、自分のシワの数に愕然とした経験はありませんか?同い年の人である同級生の肌と比べて自分の肌に細かいシワがたくさんあるときは、とてもショックな気持ちになることでしょう。

シワは見た目の印象にとても影響します。なので乾燥肌は一刻でも早く治すべき肌のトラブルなのです。

たるみができる

たるみ

乾燥肌を放置していると肌にたるみができてしまいます。これはシワと同じように肌の乾燥によって肌に弾力がなくなることが原因で起こります。

特に頬からアゴ下にかけて肌のたるみが出やすく、ボテッとした顔つきになってしまいます。女性の方なら、顔のラインはシュッとして、引き締まった方がいいと思いますが、顔にたるみができると少し太った印象になってしまいますので、何とかしたい症状だと思います。

たるみというのは、本来なら肥満体質の人がなりやすい傾向ですが、乾燥肌を放置している人は痩せていてもたるみができることがあります。

この場合、いくらダイエットをしても顔にできてたたるみが改善することはありませんので、乾燥肌を治すための対策を実行した方がいいでしょう。

化粧のノリが悪くなる

化粧ノリ

乾燥肌になると、化粧のノリがとても悪くなります。これは、肌に水分が十分に保たれていないため、化粧品が肌に馴染みにくく、化粧のノリが著しく悪くなっているからです。

化粧をするまえに下地に化粧水を馴染ませてから化粧をすると思いますが、あれは化粧が肌に馴染みやすくするための土台作りに化粧水を使っています。つまり、化粧のノリを良くするために、肌に十分な水分があることが条件なのです。

しかし、化粧水の水分は肌に浸透していくわけではなく、あくまで表面を湿らすだけです。化粧ノリがいい肌とは肌自体に十分な水分があり、ハリと弾力と艶がある状態です。

そのため、化粧水をいくら多く使ったとしても、乾燥肌には、然程効果がないのが現状です。乾燥肌だと化粧ノリが非常に違うので、見た目の印象が大きく変わります。

キチンと化粧をして出かけたい方なら乾燥肌は一刻もはやく改善するべきでしょう。

肌がかゆくなる

かゆみ

肌の乾燥が長い間放置している状態が続いていると肌のバリア機能が著しく低下している状態です。肌のバリア機能は、外部から受ける刺激を防ぐためにあるのですが、このバリア機能が低下していると、外部からの刺激を直接受ける形になるため、肌に痒みが感じる原因になります。

肌が痒いので、爪を立てて痒い部分をかいてしまいますが、肌のバリア機能がないので、さらにかゆみを強めてしまいます。

乾燥肌の状態を放置することはかゆみの連鎖を作るキッカケになるため、乾燥肌は放置するべきではありません。

かゆみが出てきましたら、自分でかかず、かゆみ止めを使って、肌に刺激を与えないようにしましょう。

痒くなったら、とにかく我慢するという人もいますが、痒みを我慢することは精神的に大きなストレスがかかります。ストレスは肌の調子を崩す原因になるので、何も処置をせずに我慢することはおすすめしません。

湿疹がでる

湿疹

乾燥肌を放置していると、痒みだけではなく、湿疹を引き起こす原因にもなります。

乾燥肌が原因でできる湿疹の種類としては、「乾皮症/皮脂欠乏性湿疹」が考えられ、肌のバリア機能が低下し、肌の乾燥によって、角質が剥がれてしまっている状態です。皮膚がガサガサになっていたり、白い粉をふいていたりします。

こうなると非常に強い痒みをともない肌が赤く炎症してしまいます。強い痒みは自身でかくことを制御できなくなり、とくに寝ている間に無意識に掻きむしったりして、肌をボロボロにしてしまいます。

湿疹ができるほど乾燥肌が進行してしまっていると、市販のかゆみ止めや保湿ケアだけでは対応できなくなるので、専門の医師に相談するべきでしょう。

老化が進む

最後に乾燥肌を放置することで起こる問題は、老化が進むことでしょう。肌の乾燥は多くの肌トラブルを引き起こす原因になります。そのダメージは肌を酸化させ、肌の老化を早める要因になるので注意が必要でしょう。

とくに20代前半ごろから乾燥肌になってしまっている人は今後ますます乾燥肌が悪化するかもしれません。そうなると30代になる頃には見た目年齢が10歳以上老けて見られるということもありえます。

乾燥肌は肌の老化させる最大の要因ですので、早めに保湿対策に取り組んでおくべきでしょう。

どうして肌は乾燥するのか?原因とメカニズムとは?

次に肌がどうして乾燥してしまうのか?その原因について詳しく見ていきましょう。まずは乾燥肌が起こる原因を知ることで自分がするべき対策が見えてくると思いますので、じっくり学んでみましょう。

乾燥肌の原因は肌細胞が正常に働かないから

肌が乾燥する1番の原因は肌を保湿する機能が正常に働いていないことです。肌にはもともと保湿する成分を作り出す細胞が生まれたときから備わっており、この細胞が肌の乾燥を防ぐための成分を常に作り出しています。この機能のお陰で私たちは空気が乾燥している空間の中でも保湿を保って生活することができるのです。

しかし、何らかの影響でこの保湿する機能が低下してしまうと私たちの肌は乾燥してしまうのです。この肌を保湿する成分を作り出している最も重要な細胞が角質細胞間脂質なのです。

角質細胞間脂質の役割

角質細胞間脂質とは、角質細胞の間にあって、水分の蒸発を防ぐ脂質の一種です。その成分はさまざまな脂質が混ざり合ってできていますが、全体の約40%を占めるのがセラミドと呼ばれる保湿機能が非常に高い成分です。

肌を保湿最強の成分セラミドとは?

角質細胞間脂質は水分を保持して乾燥を防ぐことも目的としています。その中でもセラミドは水分を挟み込み水分の蒸発を防ぐ働きをしています。角質層の中でこの角質細胞間脂質が十分にあり、水分を角質層の中に十分補充されていると肌がプルンプルンな状態をキープでき、潤っている肌でいられます。

しかし、この角質細胞間脂質が十分に生成されず、角質層に十分な水分を保持できていないと空気の乾燥から肌を守れなくなるので、肌は角質細胞を増やし、角質層を厚くします。よくゴワゴワしてる肌は水分が十分に蓄えられず、肌が乾燥から守ろうと角質層を熱くしているのです。こうなると悪循環の連鎖が止まりません。

角質層が厚くなると、角質細胞間脂質が角質層に入り込めず更に水分の保持が難しくなります。これを解消するためには保湿力が抜群のセラミドが配合されてる美容液をたっぷり使う必要があるのです。

ココが知りたいQ&A

乾燥肌の人がやってはいけないこと

肌が乾燥していると感じるといつも以上にたくさんの化粧水を使うことはいいこと?

最近乾燥が気になると言って、化粧水をいつも以上に使ってるという方。これは間違いです。化粧水はあくまで、その後に使う美容液やクリームを塗るためのベースとなる水分で。これを多く塗っても保湿効果はありません。

化粧水をたっぷり含んでいるシートパックを長時間使うことに意味があるの?

化粧水だけしか染み込んでいないシートパークを長時間使うと肌がふやけるだけなので逆効果です。シートパックには保湿効果の高い美容液などが染み込んでいるものを使う事が重要です。

乾燥がヒドイので化粧水が肌に浸透するように強くパッティングしてもいいの?

化粧水を手のひらにつけてパンパンと音を立ててパッティングすると化粧水が肌の奥まで浸透するような気がすると思いますが、これは間違いです。

化粧水をパッティングしても肌の奥まで浸透することはありませんし、肌に大きな刺激を与えているので、肌のコラーゲンやエラスチンを破壊してしわやたるみの原因になります。

化粧水は優しく手のひらを押さえつけるようにして塗ってあげましょう。

肌がベタベタするのが嫌だから保湿化粧品は化粧水だけしか使ってないけどこれはいいの?

化粧水はそのあとの美容液やクリームなどの保湿成分を塗りやすくするためのベースとなる水分であり、化粧水だけでは保湿効果はほとんどありません。

しかも水分をそのまま放置すると体温で気化します。その際に肌の表面にあった水分も一生に気化してしまうので、化粧水だけを塗っていると逆に乾燥を促進することにもなりかねません。化粧水は美容液やクリームなど塗るとき以外には使わない方が良いのです。

乾燥肌を解消する7つの対策とは?

肌は常に乾燥するものです。とくに季節の変わり目や女性特有のライフスタイルから肌の乾燥が進行する時期があります。肌の乾燥の周期は一定ではなく、悪くなるときは一気に悪くなりますし、いい時期は何もしなくても肌が潤っている状態があります。肌の乾燥を防ぐためにも悪い時期に正しい保湿対策をしているかが重要になってきます。こちらでは乾燥肌を改善するための7つの対策を紹介していきます。

化粧水にも保湿成分が配合せれているものを使う

化粧水はあくまで美容液やクリームなどを塗りやすくするためのベースとなる水分です。

肌が乾燥したら保湿しようと水分を与えるのが1番いいと思っている方は間違いで、乾燥したときに肌に与えるのは保湿成分を与えることです。

化粧水はほぼ水であるため、肌を保湿する機能がありません。また化粧水を塗っていても自分の体温ですぐに蒸発してしまうので、肌の表面で水分を留めることもできません。

なので、化粧水をたくさん使っても保湿効果は殆どないのがホンネです。しかし、化粧水は後の美容液や美容クリームが馴染みやすくするための土台づくりには欠かせません。化粧水はたくさん使うのでなく、後のスキンケアがし易いように優しく肌になじませるように使うのがベストでしょう。

また、最近の化粧水ではセラミドを配合した保湿成分を入った化粧水もあります。これらの保湿成分が配合された化粧水は微々たるものですが、肌に潤いを与えるので、もし可能であるなら、化粧水を保湿成分が配合された化粧水に変えると乾燥肌に潤いを与えることができるでしょう。

美容液や美容クリームに比べれば大きな保湿効果はありませんが、乾燥肌がヒドイときには保湿成分が入った化粧水を使うのがいいでしょう。

保湿成分がたっぷり配合されてる美容液を使う

乾燥が気になったら、保湿成分がたっぷり入った美容液を使うことが最も有効な手段です。特におすすめする保湿成分としては、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などが有名です。

この保湿成分がたっぷり配合されている美容液を乾燥がヒドいときは重点的に補充してあげて肌の保湿力をアップさせることが重要です。

乾燥がヒドいときはセラミド配合の美容液を使う

乾燥が進行してしわやたるみが目立ってきたり、カサカサして白い粉が噴いているなど乾燥肌の進行が著しい場合は、保湿成分をセラミド配合ものに変えましょう。

セラミドにも種類がありまして、

  • 疑似要素セラミド
  • 天然セラミド
  • ヒト型セラミド

などがあります。
これらのセラミドはいくつか特徴がありますが、この中で特にオススメしたいのが、ヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドは人工的に作られたセラミドですが、その成分は私たちがもともと持っているセラミド構造とほぼ同じであり、保湿力が非常に優れています。また分子構造がほぼ同じであるため、人体に影響することもほぼありません。

天然セラミドに比べて安価に作られる理由から大量に保湿成分を補いたいときにも低価格で高保湿のヒト型セラミドはおすすめです。

週に1度の保湿パックで集中ケアをする

肌の乾燥は定期的な集中保湿をすることである程度予防することができます。週に1度は集中的に保湿する機会を設けて、肌の保湿力をあげておきましょう。

シートパックなどは肌に集中的に保湿成分を与えることができるのでおすすめです。

ただし、保湿成分がほとんど入っていない水分だけのようなシートパックは意味がありませんので、ご注意ください。

セラミドやヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分がたっぷり入っているシートパックを選び、じっくり時間を掛けて保湿成分を浸透されてください。

乾燥の状態によっては化粧水や美容液を使わずにクリームだけを使う

肌の乾燥が深刻なときは肌のバリア機能が低下し、肌荒れを起こしています。この状態で化粧水や美容液を使用すると余計な刺激となった肌にとってはマイナスになりかねません。

肌の乾燥が深刻なときは無添加のワセリンや低刺激のクリームなどで肌の保護を目的としたものだけを使いましょう。

クリームを塗ることで肌に膜ができ、この上からパウダーファンデーションを塗ることで紫外線予防にもなりますので、肌を紫外線から守ることもできます。乾燥が深刻なときは紫外線の影響をモロに受けてしまうので、紫外線対策も必要です。

このような状態を約1週間くらい続けることで、肌は回復してきます。

ファンデーションはパウダータイプのものを使う

ファンデーションはパウダータイプがおすすめです。リキッドタイプやクリームタイプはパウダーのような粉っぽさがないので、乾燥肌にあっているように見えますが、ファンデーションの粉を液体の中に混ぜ合わしているため、界面活性剤を使用していたり、水分が入っているので防腐剤も混入しています。そのため肌への負担が増えることもあり、パウダータイプに比べて肌に与える刺激が増えるのが難点です。

パウダータイプは粉っぽさが肌の水分を吸い上げてしまいそうですが、下地に美容液やクリームを塗っておけば、肌は乾燥しません。

パウダータイプは添加物も少なく、アレルギーを引き起こすリスクも少ないので乾燥肌である方ならパウダータイプを使うのがおすすめです。

乾燥肌を解消する食事をする

肌の乾燥を防ぐなら保湿成分がたっぷり配合されてる保湿化粧品を使うのがいいのですが、より乾燥を防ぐなら日頃の食事から保湿機能をアップさせる栄養素を積極的に取り入れる必要があります。

肌に潤いを与えるビタミンA

ビタミンAは肌に潤いを与えるため、とても大切な栄養素です。ビタミンAがもたらす効果としては、肌と粘膜を丈夫にする作用があるため、カサカサしてしまっている乾燥肌にはとても有効な栄養素です。

ビタミンAを多く含む食材としては、ニンジン・ほうれん草・かぼちゃ・小松菜・トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

肌を作り出す材料になるタンパク質

肌をつくる根本的な栄養素の一つであるタンパク質。このタンパク質がなくては新しい肌細胞は作り出すことはできません。そのため、乾燥肌で弱った肌を回復させるためにはまずは十分なタンパク質を食事から摂取しておく必要があるのです。

1日のタンパク質の摂取量としては、赤身の肉や魚を140㌘~200㌘程度。卵1個+牛乳コップ1杯程度。ほどを摂取するように心掛けるといいでしょう。

タンパク質を多く含む食材には脂質も多く含まれているため、摂取カロリーが多くなってしまいますが、茹でたり、油を使わずにソテーしたりして、調理で工夫すれば、カロリーを抑えることはできます。

保湿・アンチエイジングに効果の高いビタミンC

ビタミンCには、抗酸化作用が非常に強く、肌の老化防止に高い効果を発揮します。乾燥肌の人は肌の老化が進行している場合が多いので、ビタミンCを積極的に取り入れるのがいいでしょう。

またビタミンCには、コラーゲンの生成を促す作用があります。乾燥肌でコラーゲンの力が弱くなっているとシワやたるみを作る原因になりますのでビタミンCを効率よく摂取してコラーゲンを作り出す力も回復されるといいでしょう。

ビタミンCを多く含む食材としては、レモンを想像する方が多いでしょうが、赤パプリカなどの緑黄色野菜やジャガイモ・カリフラワーなどの淡色野菜などにもビタミンCは豊富に含まれています。果実にもビタミンCが豊富に含まれていますが、糖質も多く含まれていますので、食べ過ぎるとカロリーが高くなるので注意しましょう。

サプリメントを活用して無理のない献立をつくりましょう

毎日の食事でこれらの栄養素を摂取することが大切ですが、毎日毎日過不足なく摂取し続けるのは難しいでしょう。そこでおすすめするのがサプリメントの併用です。

サプリメントは必要な栄養素を気軽に摂取することできます。乾燥肌の人なら、ビタミンAとビタミンCは必須栄養素なので、これらの栄養素は必ず摂取しておきたいところです。

しかし、毎日の食事で必ずこれらの栄養素をとれるようにするのは難しいと思うので、サプリメントを併用するとスムーズに必要な栄養素を補えることができます。

サプリメントはとても簡単に必要な栄養素を補えることができます。しかし、人間が必要とする栄養素は無数に存在し、サプリメントだけでは、本当に必要な栄養素をすべてカバーすることはできません。

サプリメントはあくまで補助的な役割であることを理解して、基本は毎日食生活でキチンとした栄養素を補うように心掛けましょう。

乾燥肌は毎日の保湿対策が非常に重要

乾燥肌は見た目以上に深刻な症状であることを自覚しましょう。

最近肌が乾燥気味なのよね。と乾燥肌を放置してしまうと肌の細胞は急スピード老化していきます。肌の細胞は常に肌が乾燥しないように機能しています。肌の保湿がす完全であるとそれを補うために角質層を厚くしたり、皮脂を多くして油の量を増やしたりして肌が乾燥しないように機能します。これらは私たちが陸上で生活するために必要不可欠な要素であるのですが、肌へは大きな負担になっています。

また、若々しさを作り出す真皮の細胞も乾燥によって弾力とハリが徐々に失われていき、見た目年齢以上に老けた印象が出てきます。一度老化した肌細胞をもとに戻すことは非常に苦労します。ちょっとくらい乾燥しても、、、と軽い気持ちで放置しているとのちのち非常に困った状態になります。

乾燥肌と自覚をしたら、一秒でも早く乾燥肌対策をして、潤いある水々しい肌に戻りましょう。