基礎化粧品の選び方で肌の保湿は変わる!正しい基礎化粧品の選び方

肌が乾燥しているなら基礎化粧品を高保湿できるものに変える必要があります。けれど無数にある基礎化粧品の中からどの基礎化粧品を選べばいいのか迷うところです。そこでこの記事ではおすすな保湿化粧品について紹介しています。

正しい保湿化粧品の選び方
  1. 基礎化粧品

あなたは毎日の基礎化粧品はどのようなものを使っていますか?肌が乾燥してくると今まで使っていた基礎化粧品では乾燥から肌を守れなくなります。数週間前にはとても効果の合った基礎化粧品でも最近では保湿効果を全然感じられないなんてこともよくあることです。

肌の体質は生活習慣が変わったり、妊娠・出産などの影響を受けやすく、その度に肌の体質が変化して基礎化粧品が合わなくなったりします。なので、基礎化粧品は、今の自分の肌に合わせた基礎化粧品を選ぶ必要があります。

しかし、数多くの基礎化粧品がドラッグストアや通販などで大量に販売されてため、どれを選んで良いのか、わからなくなることも。高級な基礎化粧品を使いたいのはどなたでも思うとこでしょうが、毎日使うものなので、無駄に使うことはできません。

なので、今回は肌を保湿したい人のために基礎化粧品の選び方について紹介して行きたいと思います。

どんな保湿化粧品を選べばいいの?保湿化粧品の選び方で気をつけるポイントは?

肌の保湿対策でもっとも重要なのはどの保湿化粧品を使っているかです。現在販売されている保湿化粧品の数は数千点あると言われています。そのどれもがある一定の保湿効果はありますが、あなたのもとめる保湿効果が得られるかどうかは試してみないとわからないところです。

そこで重要なのはどんな成分が配合せれている保湿化粧品が良いのかを知っていることが非常に重要になっていきます。

保湿化粧品って市販で販売している保湿化粧品だけでも無数にあるから選ぶのにホント苦労するのよね。
通販だけで販売されてる保湿化粧品の数もすごーくたくさんあるから自分にあった保湿化粧品を見つけるのって大変なり〜
保湿化粧品ってカテゴリー自体が曖昧だからどれが保湿に特化しているものかを見極める必要があるのだ。しかもメーカー毎に特色があるから間違った選び方をするとただ塗っているだけになるのだ。

保湿効果の高いセラミドを使っているか確認する

保湿化粧品を使うならセラミド配合は欠かせない成分です。セラミドの保湿力はさまざまな保湿成分と比べても類を見ないほど多く配合されています。もともと体の中で生成して作られている成分でもあるため人体への影響がありません。このためセラミドは非常に高い保湿効果があるため保湿化粧品にセラミドが配合されているかどうかは重要な要素です。

またセラミドには大きく分けて4種類のセラミドがあります。

〈天然由来〉価格が高く保湿効果の高い天然セラミド

天然セラミドは天然素材から抽出されたセラミドであり、大変高級なセラミドになります。天然成分であるため保湿力は非常に高く保湿力は非常に優れています。しかし、人以外のものから抽出されているため稀に肌に合わない人もいます。

化粧品成分表としては、ビオセラミド、セレブロシド、ウマスフィンゴ脂質などと表示されています。

〈天然由来〉身近な食材から抽出された植物性セラミド

米・小麦・大豆・とうもろこし・こんにゃくなどの植物から抽出されたセラミドです。植物性で低刺激なセラミドであり、価格も比較的に安いセラミドです。

化粧品成分表としては、植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質などと表示されています。

〈合成由来〉保湿効果が非常に高く肌に馴染みやすいヒト型セラミド

ヒト型セラミドは人工的に作り出されたセラミドです。人工的でありますがその分子構造は人がもつセラミドとほぼ変わらず、とくに副作用もなく使えずまた天然セラミドよりも安いです。

成分表に「セラミド1」「セラミド2」などのセラミドに番号が振られているものがヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは大変優秀なセラミドなのでこちらの配合されている化粧品を使えばとくに問題はないでしょう。

化粧品成分表としては、セラミド1、セラミド2、セラミドNP、セラミドAPなどと表示されています。

〈合成由来〉安いが保湿効果があまりない合成セラミド(疑似セラミド)

合成(疑似)セラミドは、こちらも人工的に作られたセラミドですが、正確にはセラミドに近い効果が期待できる成分です。合成セラミドの特徴はヒト型セラミドよりも非常に安価に作ることができます。しかし、ヒト型セラミドと違い分子構造もセラミドとはまったく違う成分であり保湿力も非常に低いのが特徴です。

プチプラなどの安価な保湿化粧品にセラミド配合と書かれている場合、この合成セラミドを使用している可能性は高いです。合成セラミド自体保湿力はありますが、効果は弱いため大量に使う必要があります。そのため肌がベタついたり、人によっては乾燥を助長してしまう可能性があります。

成分表に「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」や「ラウロイルグルタミン酸Na」などと記載されている場合は擬似セラミドです。このような成分が配合されている保湿化粧品は保湿効果が期待できませんのでご使用することをおすすめしません。

セラミドって保湿にとても効果があるってよく聞くけど4種類もあるだね。
セラミドは保湿効果の高い成分なんだ。だからたくさんの人が研究して様々なセラミドが発見せれているんだよ。セラミドの種類によって保湿効果も異なるだよ。

界面活性剤が使われているか確認する

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせる役割があります。よく石鹸やシャンプーなどに使われていることで有名ですよね。界面活性剤と聞くとものすごくネガティブな印象がありますが全ての界面活性剤が悪いわけではありません。界面活性剤のかでも合成界面活性剤、特に石油から作られている界面活性剤は肌の保湿機能は低下させる原因の一つになっています。

界面活性剤は肌のバリアを壊す

界面活性剤はどうのような肌トラブルを起こすかというと、肌の角質層を柔らかくし、角質層を剥がしてしまうことがあるのです。

このような話を聞くと界面活性剤は非常に悪いものだと認識してしまいますが、肌に影響がほとんどない界面活性剤もありますし、肌への負担はそれほど大きなものではなりません。
けれど石油系の界面活性剤を使用している場合は注意が必要です。

石油系合成界面活性剤の特徴は肌に残りやすいという性質です。いくら肌への影響が低いといっても、長い間肌に残ることは肌への悪影響になります。また天然成分の界面活性剤に比べて肌への影響が強いので、やはり石油系合成界面活性剤の使用はよくないでしょう。ではなぜ石油系合成界面活性剤を使っている化粧品があるのかというとやはり原価が非常に安いという点です。

天然成分の合成界面活性剤は石油系に比べても高価になります。そのためプチプラなど安価な化粧品には石油系合成界面活性剤の使用は多くなる傾向があるでしょう。ただ界面活性剤の種類は非常に多く約2000以上の界面活性剤があると言われ、日々その種類が増えています。特に石油系合成界面活性剤は高価が同じで名前が変わっただけのようなものがありますので、このあたりは注意が必要です。

保湿成分が少ないもの

プチプラなど保湿化粧品は保湿成分を必要最低限にして、その他の安価な成分で独自性を出して安く提供してあります。そのため、一度に塗ったときの保湿力が弱く何度も塗り直さないと保湿効果が得られない場合があります。しかし、ここに大きな落とし穴があるのです。

保湿化粧品を使いすぎると逆に乾燥することもある

皆さんもシャワーを日に何度も浴びた経験はありませんか?日に何度もシャワー浴びると体が乾燥しますよね。これは水分が肌のバリアをふやかし、そして水分が蒸発する際に肌の保湿に必要な水分もともに蒸発してしまっているからです。

また、質の悪い美容液などを何度も塗りこむことで、毛穴の中に古い保湿成分が沈殿していくことになります。

プチプラなどの安い保湿化粧品を過剰に使いすぎるのは逆効果になることも頭に入れておきましょう。

保湿を本気で考えるなら高保湿な化粧品を適量使う

保湿化粧品だからといって使用回数を多く使うのは良くないでしょう。保湿成分が配合されているから使えば使うほどいいと思っている人は多かもしれませんが、やはり適した箇所に適量を使うのがもっとも効果的です。

例えば植物の水やりも水を上げすぎると根腐りを起こし枯れてしまいます。また土を乾燥させるのも根の生命力を高める高価があるため、何もしないこともとても良いことなのです。大切なのは体が求めているタイミングで適量を補充するのが理想的な使い方なのです。

そのために保湿化粧品が高保湿である必要があります。いくら適したタイミングで保湿化粧品を使っても保湿力が弱いものを使用しても求めていた保湿成分を補充できません。この状態ですと常に肌は保湿が満たされていない状態であり、乾燥が進んでしまいます。大切なのは適量で肌の保湿を完全に満たしてあげることなのです。

保湿化粧品をたくさん塗れば保湿されるじゃないだ。
保湿化粧品は使えば使うほどいいってわけじゃないんだ。高保湿化粧品を適量使うことが1番効果的なんだよ。

保湿を本気で考えるならコレ!高保湿で乾燥肌を解消する保湿化粧品ランキング

これまでどのような保湿化粧品がいいのか?について紹介してきました。保湿化粧品は頻繁に使用すれば良いのではなく、必要なときに適量を使うのが最もベストであると紹介してきました。そこで重要となってくるのが、どの保湿化粧品を使えばいいのか?ではないでしょうか。

そこでここからは本気で保湿を考える方向けにおすすめする保湿化粧品ランキングを紹介していきます。

本当におすすめできる保湿化粧品

アヤナス

アヤナストライアルセット

アヤナスを販売しているディセンシアは化粧品大手のポーラを親会社とする保湿化粧品専門メーカーです。創業から保湿化粧品に力を入れ、常に保湿効果の高い基礎化粧品を開発し続けています。

アヤナスがオススな理由

・ストレスにより低下した皮膚温度を上昇させ、血行不良を解消する「ジンセンX」
・肌のバリア機能を正常にする「パルマリン」
・エイジングケアで重要な線維芽細胞を増加させる「ビルベリー葉エキス」
・敏感肌でも使える「トリプルリペアシステム」
・コラーゲンの生産性を上げる「CVアルギネート」
・炎症を抑える「コウキエキス」
・バリア機能を強化する「ヴァイタサイクルヴェール」

など肌が健やかになるための成分が豊富に含まれています。基礎化粧品を変えてみたいと思うなら一度試してる価値がある基礎化粧品です。

トライアルキットでお得に試せますし、30日間の返金保証があるので、安心して試すことができます。

アスタリフト

アスタリフト

アスタリフトがおすすめな理由

☆肌にハリとツヤを出す赤いチカラであるアスタキサンチンが肌の奥まで浸透してみずみずしい肌へと導きます。
☆3種類のコラーゲンが肌に浸透。富士フイルムが80年に渡って培ってきた技術によって生まれた驚愕の浸透力。コラーゲンは肌に吸収されないという常識を打ち破る新技術がここにあります。
☆Wヒト型ナノセラミド配合で肌の奥底までセラミド成分を浸透させ、肌に潤うために必要な水分を十分に留めることができるようになりました。

ビーグレン(乾燥・保湿ケア)

ビーグレン

ビーグレンがおすすめな理由

☆セラミドを増やす高品質なビタミンC誘導体を配合。セラミドを作り出す細胞を活性化し、自身のセラミド生成量を増加させます。
☆独自技術によるQuSome(キューソーム)がビーグレンの保湿成分を肌の奥底まで浸透させることに成功しています。また浸透した保湿成分が長時間キープできる持続力も注目。肌が潤っている状態を長くキープすることできます。
☆365日間の長期返品保証付き。肌の乾燥改善に自信あり。万が一効果がない場合は返品も可能。