年代別保湿化粧品を大公開!自分の年代にあった保湿化粧品を選ぶ方法とは?

年齢を重ねるごとに肌の状態は変わるように 基礎化粧品も年代ごとに変わっていきます。今まで使っていた基礎化粧品の効果が弱いと感じたら基礎化粧品を変える時期かもしれません。こちらでは、年代ごとにおすすめする基礎化粧品を紹介しています。

年代別保湿対策。保湿ケアは年代で変わってくる
  1. 年齢別保湿対策

あなたも年齢が上がる毎に肌の調子がわるいなぁっと感じることがありませんか?これ主に加齢からくるお肌の老化です。人間の肌は生まれたての赤ちゃんのときに最も肌が瑞々しく潤っている状態で、そこからは肌の潤いはゆっくりと潤い成分を失って行きます。特に20代を過ぎた辺りから下降傾向になり、30代になると保湿ケアを何もしなければ、肌の乾燥はグンと悪くなります。そのため、年代に合わせて保湿対策をレベルを変えて行く必要があるのです。

皆さんも、今までしていたスキンケアでは、肌の潤いが保てなくなってきたと感じた経験はありませんか?
・今まで使っていた基礎化粧品では保湿効果がイマイチ!
・そろそろ保湿化粧品を変えてみるほうがいいのかな?
と悩んでいるのなら、新しい保湿対策を考える時期なのかも知れません。こちらの記事では年代別におすすめしている保湿対策について紹介しています。あなたの年齢にあわせた適切な保湿方法を見つけてみましょう。

スキンケア対策は年代別に変えていくべき?

お肌のスキンケアは年代別に考えた方がいいの?
スキンケアは自分の年代にあったスキンケアをしていくべきだね。とくに基礎化粧品選びは慎重に選ぶべきです。

肌の体質や症状は年代が変わるごとに変更していくべきです。20代で効果あったスキンケアも30代40代では全く効果が得られないというのもよくある話です。また50代にもなると一般的なスキンケアではこの先の乾燥を未然に防ぐことができません。自分の年代にあったスキンケア方法を取り入れていくべきです。

基礎化粧品は値段が高ければOKというわけではない

例えば、1番高い 保湿化粧品を買えば保湿成分もたっぷり入っているし、肌に良さそうだから、値段重視で考えればいいのかな?
もちろん、高価な基礎化粧品は安い基礎化粧品よりも保湿効果の高い有効成分がたくさん入っているから効果は高いよ。けれど、基礎化粧品は毎日使うものだから、高すぎる基礎化粧品は経済的に使いづらいよね。
そうなのよね。毎日使うものだから高価すぎる基礎化粧品だと家計的にちょっときつくなるのよね。
基礎化粧品は高い方がより保湿効果の高い成分が入っていることが多いけど、それが必ず自分に必要なのかという話ではないんだよ。自分が今求めている成分を過不足なく補えるコスパのよい基礎化粧品を選ぶようにすればいいんだよ。

20代でおすすめする基礎化粧品とは?

それではまずは20代の保湿対策について見ていきましょう。20代の保湿対策で重要な要素は予防対策です。

20代では、まだ肌の保湿もしっかりされていますし、肌に受けたダメージも28日周期できれいに治る場合が多いです。そのため、保湿を補うケアよりも年齢が重ねて行く上で肌トラブルが置きないように予防対策を心掛けるのがおすすめです。

紫外線から肌を守る

まず意識してほしいことは日焼け止めクリームを必ず活用することです。20代は肌の保湿もしっかりして乾燥肌やしわやたるみで困っているひとは少ないかと思います。最近少し肌が乾燥すると感じれば、保湿パックなどで集中的に保湿ケアすると肌の保湿力は比較的簡単に回復します。しかし、あくまで回復が早いだけで肌には目に見えないダメージがたくさん起こってます。

また、紫外線から肌を守れる耐久性には限界があります。特に気をつけないと行けないことは紫外線からのダメージです。

紫外線には有害な光が混じっていおり、紫外線を長年受け続けると肌に紫外線ダメージが蓄積していきます。若い頃は特に気にする必要はありませんが、人の細胞が紫外線から守れる耐久性には限界があり、長年受け続けると細胞が破壊せれ、もとに戻らないことがあります。これがシミやそばかすの原因になるのです。

人の一生で紫外線から肌を守れる耐久性の内、10代で約半分程消費し、20代が終わる頃には約8割近くは耐久性をなくなると言われています。そのため、20代で紫外線から肌を守る耐久力を失えば、30代・40代になると紫外線のダメージ守る事ができなくなり、肌の保湿機能も破壊されてしまうのです。そうならないためにも日頃から紫外線対策は10代の頃から徹底して対策しておくべきです。

20代の肌貯金を大切にする

日光に当たっても特に問題ないから大丈夫と思っている女性の方は非常に多いですが、目に見えない細胞の間には紫外線から肌を持っている細胞が戦っています。この細胞が紫外線への耐久性がなくなってしまったら、肌の細胞は一気に老化してしまいます。

肌が老化すると肌を守る保湿力も低下して乾燥しやすくなり、しわやたるみの原因に発展していきます。20代までは少しぐらい紫外線にあたっても大丈夫と思うこともあると思いますが、この時期に肌にダメージを与えるようなことを放置しておくことはおすすできません。

20代は肌を守る力の貯金があります。この貯金がどれだけ残して、その後の30代を迎えるかどうかでその後の肌状態は雲泥の差がでてきます。20代の方はこの肌の貯金を大切にしていきましょう。

20代は保湿対策よりも紫外線対策に重点をおくべきなのね。
20代も保湿対策は必要だけど、それよりも肌がダメージを受けないような工夫する方が大切なのだ。
確かにちょっとくらい日に浴びてもいいかなって思うことがあるけど、このちょっとだけが後々問題になるのね。
ボクも南極で海水浴を良くするから紫外線対策はちゃんとしないとね。
ちなみに南極はオゾン層が壊れているから紫外線の量が日本の7倍だから、気をつけないと皮膚病を発症させるよ。
えーそうなの!!!!

30代の保湿対策とは?

次に30代の保湿ケアについてご紹介していきます。30代でまず知ってほしいことは30代は肌の水分量と皮脂の割合が逆転する時期です。また肌体質の変化が1番著しい時期にもなります。こらは女性ホルモンの変化によるもので、肌の調子が著しく低下する時期でもあります。

20代では肌の水分量の方が皮脂の分泌量よりも多いのですが、30代になるとこの割合が逆転してしまいます。例えば、20代でしていた保湿対策・保湿ケアが合わなくなったり、使っていた化粧品が肌に合わなくなる時期でもあります。なので、30代になったら、本格的な保湿対策が必要になります。

30代は保湿機能を保つ真皮線維芽細胞の働きが低下する

30代になるお肌の真皮を形成するコラーゲンの生成が減少する時期でもあり、肌のハリや弾力、そして保湿力が低下します。なぜこのようになってしまうかというと、コラーゲンを作り出す真皮線維芽細胞の働きが低下しているからです。

この真皮線維芽細胞はコラーゲンを作り出すだけでなく、エラスチン、ヒアルロン酸など保湿機能に欠かせない成分の生成も行っており、真皮線維芽細胞の働きが弱まれば、必然的に保湿力も低下してしまいます。

コラーゲンが減少すると肌のハリと弾力がなくなり、保湿力も低下すると言われますが、これは30代になるとコラーゲンを作り出す真皮線維芽細胞の働きが弱くなるからです。

真皮線維芽細胞の働きを促すビタミンC誘導体を使う

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作るためには、真皮線維芽細胞の働きが非常に重要ですが、より効率的に真皮線維芽細胞を働かせるためには、保湿化粧品にビタミンC誘導体が配合されているものを使用することがおすすです。

真皮線維芽細胞はビタミンCの働きで活発になります。日頃からビタミンCを多く含まれる食事をすることも大切ですが、保湿化粧品からビタミンCを取り入れることもおすすめです。しかし、ビタミンCは水溶性で、非常に安定してない成分なので、ビタミンCが配合している保湿化粧品を使っても肌の内部まで浸透しにくいのです。そこで注目されているのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定化させたもので、体内に浸透するとビタミンCに変化します。このビタミンCが真皮線維芽細胞に働きかけ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など肌のハリと潤いを作る成分をたくさん作り出します。つまり保湿化粧品を選ぶ基準としては、ビタミンC誘導体が配合されてる保湿化粧品がとてもおすすめなのです。

週に1回の集中ケアをする

日頃の保湿ケアと併せて週に1度は保湿ケアを重点的に行う時間を作ることがおすすめです。保湿を補うパックや保湿美容液をいつもより多めに塗り込むことも効果的です。このように重点的に保湿ケアをすることで肌がリセットされ、お肌の保湿環境が非常によくなります。

30代からは本格的な保湿対策が始まるのね。
そうなのだ。30代は肌質が変化する時期だから、今ままでの保湿対策では効果がでないこともあるから、この時期にあった保湿対策をするのだ。

40代の保湿対策とは?

次に40代の保湿対策について見ていきましょう。40代は肌の水分量もコラーゲンの生成も減少し、肌の老化が本格的に進む時期です。ここで本格的な保湿対策しているかどうかは非常に重要な時期です。

40代は肌乾燥が深刻化する時期

40代は肌の乾燥が深刻化する時期です。30代はまだ自己の保湿力でカバーできますが、40代になると自己の保湿力だけでカバーするのはほぼ無理と考えて頂いていいでしょう。

肌の保湿ができないために、多くの皮脂の分泌することもあり、全体的に肌がベタベタする方も多くなります。また、皮脂には余分なたんばく質や油分がたくさん含まれており、雑菌の繁殖する要因にもなります。そのため、老廃物が非常に多くなります。この老廃物が毛穴や汗腺に詰まり、さらなる乾燥を助長するのです。

皮脂を出さないために保湿力を高める

40代で意識するべきポイントは肌の保湿力を高める必要があることです。

40代になると肌の保湿機能は著しく低下しているため、代わりに皮脂などで保湿をカバーしようとします。しかし、皮脂などで保湿をカバーしていると老廃物を大量に作り出す原因になるだけなので、お肌のことを考えるとよくない状況です。そのため、皮脂を出さずに保湿する環境を整える必要があります。

保湿力を高めるならセラミド配合の保湿化粧品を選ぶ

40代で保湿力高めるためにはセラミド配合の保湿化粧品を選ぶことがおすすめです。

セラミドは肌を保湿する成分として最も優秀な成分で水分を挟み込んで保湿する働きがあります。またセラミドを肌に塗って保湿できる持続力ですが、最長で24時間ほど保湿します。このように水分を保湿する力と長時間の保湿力があるセラミドは保湿力強化にとても有効な成分なのです。セラミドは、体内で作られてる成分でもあるため、肌への影響もありません。

40代からは自分の力だけでは保湿されることが難しくなる時期なのね。
その通りで、40代からは保湿力が著しく低下して、自己の保湿力ではカバーできなくなるのだ。この時期は保湿力の高い保湿化粧品を使わないとしわやたるみができる原因になるから気をつけるのだ。
セラミド配合の保湿化粧品を選ぶことも重要みたいナリ。
セラミドは保湿力が非常に高く、また長時間潤いをキープできるからとてもおすすめなのだ。

50代の保湿対策とは?

50代になると肌の水分量と皮脂量は常に不足している状況です。もちろん季節の変わり目の影響も受けやすく、冬場の乾燥した時期は、肌が乾燥して非常に危険な状態になりやすいのです。そのため、50代の保湿ケアはこれまで以上に真剣に取り組む必要があります。

アンチエイジング効果の高いセレミド配合の保湿化粧品を使う

まずは効果の高い保湿化粧品を使うことを意識しましょう。保湿化粧品にはセレミドが高濃度配合された保湿効果の高いものを選ぶことが重要です。50代になると肌は常に乾燥をする状態にあります。一時的な保湿だけではまったく意味がありません。一度塗ったら長期間保湿力をキープできるものを選ぶことが重要になってきます。

また、保湿を補うだけでなく、アンチエイジング効果のある成分も配合しているものを選ぶ必要があります。

50代は保湿力だけでなく、肌の内側のコラーゲンの生成力も落ちて肌の弾力が失われがちです。そのため、しわやたるみが非常にできやすいです。保湿力だけを補っても、土台となる肌が老化していては、保湿の効果は現れません。そうならないためにも保湿化粧品にはアンチエイジング効果のあるものを選びましょう。

血の巡りを良くする生活習慣

50代になると生活習慣は若い頃に比べて極端に衰えてしまいます。ちょっとした運動も辛くなり、だんだん外出する機会も減っていきます。若い頃は特に運動をしなくても、基礎的な筋力があったお陰で血流の流れをキープできましたが、50代にもなると筋力が衰えてくると血の巡りが非常に悪くなります。

テレビやネットニュースでよくエコノミー症候群の話題になりますが、50代にもなると日頃の生活でもエコノミー症候群と同じ症状になっている人はたくさんいらっしゃいます。これは日頃の運動不足からくる血流の循環の低下が招いている要因が非常に強いのです。

血流が悪くなると乾燥している肌に十分な栄養が行き渡らなくなり、肌の代謝が低下します。すでに保湿力や代謝力が低下している状態で、このような症状が長く続いているといくら高保保湿な化粧品を使用しても効果を得られません。こうのような状態を回避するためにも、日頃から適度な運動をして血流の循環を得られるようにしましょう

食生活は低カロリー高タンパク質の食生活を心掛ける

50代にもなると食生活は非常に重要な役割があります。20代30代の頃は栄養あるものを積極的に食べることは問題はありませんが、40代50代になると摂取するカロリーも効力する必要があります。

もちろん肌の保湿を助ける栄養素や肌の細胞を作り出す栄養素の摂取は必要不可欠ですが、必要以上に取りすぎると肥満や血圧の上昇、または重大な病気を引き起こす原因にもなりますので、注意が必要です。

ポイントは必要な栄養素を必要量だけ食べる食生活が非常に重要なります。

では、どのようなことを意識すればいいのかというと、1度に食べる量を減らす食事がおすすめです。

一度に食べる量を減らすことで、摂取カロリーを押さえ、また胃腸への負担も減らます。この際に重要なのは時間をかけてゆっくり咀嚼することです。食べる量を減らしてもササッと食べてしまっては意味がありません。咀嚼の回数を多くすることで脳の満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感が得られ、さらに細かく噛み砕くことで胃腸での吸収力があがります。

50代では、体が欲している栄養素を十分に摂取することが難しいため、ゆっくり時間をかけ、少量ずつ食べる習慣が大切です。

50代になると保湿化粧品だけでなく、運動や食生活の改善も重要なのね。
もちろん、30代や40代の人も運動や食生活の改善は必要だよ。けど、50代になると高保湿化粧品を使うだけでは、肌の保湿を保つことは非常に難しいのだ。
特に50代になると体力が低下するし、食事の量も減るから、必要な栄養を十分にとるのは難しそうナリ。
その通りで、50代になると良質なタンパク質である動物性の肉類をあまり食べなくなります。一日に必要なタンパク質を摂取するためには、なるべく高品質なタンパク質が取れる食材を日頃から意識する必要があるのだ。

年齢を重ねると肌の保湿機能が低下するのはなぜか?

お肌の保湿力は年齢を重ねるごとに低下していきます。では、どうして肌の保湿機能が年齢を重ねる毎に低下していくのか?その理由についてまずはご紹介していきます。

肌の生まれ変わり周期が遅くなる

肌が生まれ変わるのに約28日間かかるとよく例えられています。確かに肌は常に新しい細胞が生まれ変わるようにできています。しかし、年齢を重ねていくとこの生まれ変わり周期がだんだん低下してくるのです。

20歳前半では約28日周期で肌の細胞は新しく生まれ変わりますが、40代をすぎる頃には倍以上の60日以上の周期になる方もいらっしゃいます。

肌の保湿で大切な角質層が古くなると保湿機能や乾燥から肌を守るバリア機能が低下して増々保湿機能は低下していきます。こうならないためにも肌の生まれ変わり周期が遅くならないためのスキンケアが大切になっていきます。

肌の乾燥がより乾燥肌を作る原因になる

肌が乾燥している状態が長く続いていると、皮膚のバリア機能をあげようと様々な変化が起こります。その一つが皮脂の大量分泌です。皮脂腺からでる皮脂は油分を多く含む粘液を分泌します。肌の乾燥が進行すると肌のバリア機能が低下してさまざまな感染症を引き起こす原因になります。酷いときには命を落とす人もいるくらいです。

肌は保湿と潤いがあることで外敵からの体内への侵入を防いでいます。しかし、肌の保湿が弱まっている人はこれを補おうと皮脂を大量に分泌して皮膚を守ろうとします。油は汗などと違って体温で蒸発することなく皮膚にとどまり、皮膚を保湿する働きがあります。しかし、皮脂には油分以外に余分なタンパク質や糖質などの後に肌の汚れとなるような物質もたくさん混ざっているため、毛穴などにバイ菌を繁殖させる原因にもなります。そのため、長い間皮脂による保湿に頼っている状態の人は数年後には肌がボロボロな状態になっいることにもなりかねません。

特に年配の方は肌の生まれ変わる周期が遅くなり、汚れた細胞がリセットされるまで長い時間がかかります。また汚れがあることで上手く細胞が生まれかることなく特に角質層が新しくならないことで増々肌の保湿機能は低下する一方なのです。

潤い成分を作り出す機能の低下

次にあげられるのが、保湿成分が作り出せないことが原因である可能性があります。潤い成分にはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどの肌の保湿とハリを作り出すために必要な成分がありますが、これらは人間の体内の中で作り出される成分です。

しかし、加齢によりこれらの保湿に必要な成分は徐々に作り出す力が弱くなっいきます。保湿成分を新しく作り出す事ができないので、保湿力は年齢を重ねる毎にさらに低下していくのです。

本当におすすめできる保湿化粧品

アヤナス

アヤナストライアルセット

アヤナスを販売しているディセンシアは化粧品大手のポーラを親会社とする保湿化粧品専門メーカーです。創業から保湿化粧品に力を入れ、常に保湿効果の高い基礎化粧品を開発し続けています。

アヤナスがオススな理由

・ストレスにより低下した皮膚温度を上昇させ、血行不良を解消する「ジンセンX」
・肌のバリア機能を正常にする「パルマリン」
・エイジングケアで重要な線維芽細胞を増加させる「ビルベリー葉エキス」
・敏感肌でも使える「トリプルリペアシステム」
・コラーゲンの生産性を上げる「CVアルギネート」
・炎症を抑える「コウキエキス」
・バリア機能を強化する「ヴァイタサイクルヴェール」

など肌が健やかになるための成分が豊富に含まれています。基礎化粧品を変えてみたいと思うなら一度試してる価値がある基礎化粧品です。

トライアルキットでお得に試せますし、30日間の返金保証があるので、安心して試すことができます。

アスタリフト

アスタリフト

アスタリフトがおすすめな理由

☆肌にハリとツヤを出す赤いチカラであるアスタキサンチンが肌の奥まで浸透してみずみずしい肌へと導きます。
☆3種類のコラーゲンが肌に浸透。富士フイルムが80年に渡って培ってきた技術によって生まれた驚愕の浸透力。コラーゲンは肌に吸収されないという常識を打ち破る新技術がここにあります。
☆Wヒト型ナノセラミド配合で肌の奥底までセラミド成分を浸透させ、肌に潤うために必要な水分を十分に留めることができるようになりました。

ビーグレン(乾燥・保湿ケア)

ビーグレン

ビーグレンがおすすめな理由

☆セラミドを増やす高品質なビタミンC誘導体を配合。セラミドを作り出す細胞を活性化し、自身のセラミド生成量を増加させます。
☆独自技術によるQuSome(キューソーム)がビーグレンの保湿成分を肌の奥底まで浸透させることに成功しています。また浸透した保湿成分が長時間キープできる持続力も注目。肌が潤っている状態を長くキープすることできます。
☆365日間の長期返品保証付き。肌の乾燥改善に自信あり。万が一効果がない場合は返品も可能。